小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

ごめんなさい

2009.10.31(Sat)

会社のHPでお問い合わせの欄を作成したのですが、その問い合わせ内容を確認することが本日までできませんでした。

先程見たところ、数件のお問い合わせを頂いておりました。

お問い合わせいただいていた方々には、先程返信いたしましたが大変申し訳なく思っております。

以後システム的に対応するように致します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先日、「投資家に信頼される不動産投資市場確立フォーラム」のお話を書きましたが、その続きです。

今週は、29日にREITの合併が告知されました。

投資法人の合併基本合意書締結に関するお知らせ
日本リテールファンド投資法人(以下、「JRF」といいます。)とラサール ジャパン投資法人(以下、「LJR」といいます。)は、本日開催のそれぞれの投資法人役員会にて下記のとおり合併基本合意書(以下、「本基本合意書」といいます。)を締結することについて決定し、同日付にて本基本合意書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

これは、国内で2件目のREIT合併事例になりますが、上記フォーラムの報告書では、このように上場REIT通しの合併が進むであろう事が示唆されています。

日本では、上場銘柄通しが上場を維持したまま合併するのが主流になりそうです。
米国では、非上場化するものも多いのですが、日本ではあまり採用されなさそうです。

もう一つ、報告書のポイントがあります。
それは、年金資産のREIT運用です。
以下資料を転載します。







簡単にまとめると、日本の年金資産は諸外国と比較すると、不動産資産での運用額が少ないので、少しはREITなどの不動産資産に振り分けても良いのではないか?

という内容です。

この報告書の内容を、国交省も含めたコンセンサスの方向性を示すものと理解するのであれば、行く行くは年金運用でREITを活用する日も遠くなさそうです。

ということで、僕はJ-REITの将来については楽観的ですし、現在の低迷状態は買い場だと認識してます。

投資するのであれば、個別銘柄よりもREIT-ETFで運用するほうが分かりやすいと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

セミナーの話

2009.10.28(Wed)

先日、友人から

「小屋さんがセミナーの講師をやるのであれば、事前に教えてもらったら参加するのに」

というお話をいただきましたので、宣伝も兼ねて告知しておきます。

セミナーは機会があって誘われたら、特段の予定が無い場合には断らないのが僕の方針です。

まず、先週の金曜日はFP向けの継続研修として「J-REIT」について3時間の講義をしました。

今回のセミナーでは、不動産証券化協会のとりまとめた「投資家に信頼される不動産投資市場確立フォーラム」について半分ぐらい解説しました。

このとりまとめは、国交省をはじめ日本の不動産業界の主要メンバーが企画していますので、J-REITも間違いなく、この提言の方向に進むと思います。
(今後の市場を考えるのに結構ポイントになります)

一つの例としては、日本版ケース・シラー指数の開発
この取りまとめからほどなく、先週国交省から発表されています。

この指数の開発も、数年前から課題として挙げられていましたが、ようやく端緒についたところです。

これによって、不動産市場が下落することに対して、誰でもヘッジができるようになります。言い換えれば、この指数に連動する先物取引が可能になるという事です。

この話は、以前のブログでも取り上げています。
米国ではETFで商品化されています。

さて、長くなりましたが今後のセミナー予定。
11月は米国訪問の研修を行います。

最新アメリカFP事情~FPA大会とFP事務所視察報告

○日 時   平成21年11月8日(日) 13:30~16:30
                 ※13:15開場
○会 場   女性と仕事の未来館 4階 第2セミナー室
          〒108-0014東京都港区芝5-35-3
          ※JR田町駅、都営地下鉄 三田駅
         http://www.miraikan.go.jp/access/index.html

○講 師   視察メンバー代表 松本勝晴・小屋洋一

○受講料   3000円 (FPジャーナルで一般公募もあり)

○継続教育単位 実務倫理3単位


1月以降は年に数回、FP継続研修の講座を担当する予定も有ります。
主に資産運用のお話になるとは思うのですが。

詳細が決まれば、またご報告します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ソフト探索

2009.10.26(Mon)

米国から帰国して、クライアントへのポートフォリオ提案ソフトとして良い物が無いかどうか調査していました。

一つ見つけたのはQUICK社のAstra Consultant

これであれば、十分使用に耐えられそうな印象です。
米国のソフトにもそれほど遜色ないように、見受けられます。

問題は、導入費用がかなり高価であることですね。
何とか工夫して利用できるようにしたいと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

中国株の話

2009.10.21(Wed)

さて、中国株の話

米国に1週間行っている間に、中国株は結構上がっていました。
およそ10%程度でしょうか?
コモディティも結構上がってますよね。

なので、保有銘柄のうち2倍になったものを半分、昨日売却しました。
銘柄は

00384中国燃気 (チャイナガス)
03928鄭州ガス (ジャンジョウガス)

のガス2銘柄です。
これで、また少しキャッシュポジションができたので中国株の銘柄選定を
行いたいと思ってます。

ベトナムは、一方通行で上がってるんで手が出しにくいんですよね~。
こちらはドンでキャッシュが溜まってるんですけど。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

3社目はSIGMA Financial Corporation社

ここはMary Marという中国系女性の事務所。

スタッフはパートで1名なので、ほとんど彼女一人と言ってよいでしょう。
彼女もすでに十分なクライアントを確保しているので、現在はセミリタイアに近い様子。

家族や孫との交流を最重要視しているので、現在は仕事はなるべくしていないとの話。

彼女は保険外交員出身で80年代にスタートし、90年代にCFPという資格に出会い、そこから徐々にアセットマネジメントを行うFP業務にシフトしていったとの事。

自分で独立する前に、FP16名で共同事務所(チーム)を作り、そこで7年間ほどチームで仕事をしていたとの事でした。

これは大変参考になる話で、日本でもFPはそれぞれが独立して事務所を構えて(それは米国でもおなじですが)いますが、このように共同事務所(チーム)で仕事をするという考え方もありだと思いました。

彼女はUPSという運送会社でマネジメント層に対する資産運用やリタイアメントのセミナーを担当していたようで、UPSがその後上場した事も有り、クライアントにはUPS社員が多いそうです。

もう一つ、参考になったのは利用ソフト、米国はFP向けのソフトウェアが充実しています。
日本のFP業界は、まだまだ未成熟なためか、アセットマネジメントやFP向けのソフトウェアが少ないのですが、米国は無数にありましたので、それはうらやましい限りです。

こちらの事務所で利用していたのは、モーニングスターの[dbCAMS]
僕も日本であまり良いソフトが見つからないので、米国のソフトでも利用しようか(提案書は英語になっちゃいますけど)とも考えてます。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

2社目は、Crown Wealth Management社

ここは韓国系のAndi Y. H. Kangの事務所

現在は500~700名ほどのクライアントがいるようですが、これを5年ほどかけて100名程度の良質なクライアントに絞って行きたいそうです。
特に中小企業のオーナーにターゲットを絞りたいとのお話。

スタッフは彼女も入れて5名。

こちらは、アセットマネジメント業務に加えて、年金や保険商品も扱うとの話でした。



ここでの興味深いお話は、「気の合わないクライアントとは付き合うな!」です。

あくまで、一定のクライアント数があるという前提だとは思いますが、
「資産を持っているクライアント」=「良質」ではなく、
「自分の意見に真摯に耳を傾けてもらえるクライアント」=「良質」
というスタンスでやっていかないと、仕事がきつくなる。

という話が印象的でした。

私も、基本的にはその方針なので納得です。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る