小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

新成長戦略について

2009.12.30(Wed)

今日の日経朝刊一面は少しびっくりしました。
内容としては、私が前回書いたブログの内容が書かれていました。

これで、少しは国民の皆さんの予算の国債依存度に対する認知が上がるとよいと思います。

また年末も差し迫った本日は、国家戦略室に「新成長戦略(基本方針)~輝きのある日本へ~」
が発表されました。

先程一読しましたが、まだまだ成長戦略というほどのことでもなく、ぼやっと今後政府として力点を置いていこうとする分野が列挙されているに過ぎない印象でした。

こんなぼやっとした資料を発表するのも恥ずかしいとは思うのですが。

詳細な内容や政策としては来年の中ごろまでにまとめるということです。

日本株をやられる方は、一度読んでおくと良いとは思います。
今後は、有効かどうかは別にして、こういう分野に重点的に予算が割り振られるということになるでしょうから。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先週のクリスマス25日に、平成22年度の国家予算(政府案)が発表になりました。
民主党政権になってからの初めての予算編成と言う事で、注目されましたので中身をつらつら見てみました。

少し長くなりますがお付き合いください。

まずは歳出

(参照:財務省HP)
目立つのは社会保障費の増加。
平成21年度予算では24.8兆円ですので、約10%の伸び

歳入はこちら
 

(参照:財務省HP)
公債(国債)の収入で半分を見ているところが恐ろしく感じます。

で、ここでわかるように国債の大量発行について時系列で見てみます。 
特に金利と利払いに注目


(参照:財務省HP)
今年度の予算は、残高637兆円に対して利払い9.8兆円なので金利を1.54%程度で考えていることが分かります。

残高が637兆円も有るので、金利が1%上がると単純に考えて利払いが6.37兆円増加します。

現在の消費税の収入が、1%で2兆円程度ですので、金利が1%上がると消費税を3.2%程度引き上げないと財政のバランスはとれません。

要するに、今後は金利が上がると、国家は増税せざるを得ないという状況だという事です。

では、こんな残高の積みあがった国債を誰が買っているのでしょうか?


(参照:日銀HP)
これは、圧倒的に金融機関と言う事になります。

銀行・保険会社は、預金者・契約者からこの超低金利のもと資金を集め、国債によって運用をしてほぼリスクを取らずに鞘抜きをしていることが伺えます。

それを裏付けるのはこちら


 (参照:日銀HP)
はい、これを見ると歴然です。
家計の金融資産は約1,400兆円存在しますが、その82.3%は現預金と保険・年金に眠っています。

要するに

家計→銀行・保険会社→国債

というお金の流れになっています。

1,400兆円の82.3%は1,150兆円になりますので、このまま家計の行動が変わらないとするのであれば
637兆円の公債残高とはいえ、当面の消化については、何の心配もなさそうです。

ではいつまで、この構図を続けられるのか?
といえば、毎年30~40兆円の公債残高の増加ペースと家計の金融資産残高から計算すると、10~15年というところではないでしょうか?

もちろん、途中で金利上昇などがあれば、この構図の崩壊はもっと早くなります。

今後国家として、取れる手段は

1.デフォルト
2.インフレ
3.増税

しかありません。

おそらくまともに考えれば、2+3の合わせ技になるのではないかと思います。

結局我々に残された時間は10年程度しかないという事です。
ここからは、この状況に早く気付いて行動したものだけが残る世界になっていくのだと強く思います。

日本を離れる事も視野に入れなくてはいけないと、年末に来年度予算を見て思った次第です。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ベトナム株調査

2009.12.23(Wed)

お昼にベトナム株の調査をしていたのですが、どうも日本の情報サイトでは、本当に欲しい情報(決算内容や概要など)は有料情報化しているサイトが多く、情報量を支払うべきなのかどうか考えていました。

ただ、その前に英語のサイトで何か良いサイトが無いかどうか調べていましたらありました。
VIETSTOCK


このサイトでは各銘柄の四半期、年毎の決算内容やPER、EPS、配当利回り、ROA、ROEなどが簡単に確認できます。

これと決算書を比較して、内容が正しそうであれば大変使えるサイトになりそうです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先週読んでいた本

2009.12.23(Wed)

先週は、何と言ってもこの1冊


世の中のバフェットファン待望の自伝。
まだ上巻しか読み終えていませんが、大変面白いです。
これまでのバフェット関連本には無い内容になっています。
上巻だけで800ページ弱、2,500円と内容も価格もそれなりですけど。

2冊目は


いつも年末は、中国株の四季報やwebを見ながら来年の中国株市場や銘柄について検討するのが恒例になっています。
今年はこれに加えてベトナム株も調査しないと。
結構年末年始はやることが多くて、全ては消化できないかも。

最後に

中古住宅特集は珍しいので購入しましたが、内容はいまひとつ。
こういう本は本当は誰に向けて書いているのか?
と考えないといけません。
仲介会社やリフォーム会社が広告を打っているということは・・・
決してユーザーフレンドリーな記事ではありませんよね。
それでも新築特集よりはましですが。










無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

米国報告会

2009.12.18(Fri)

昨日はSG(スタディ・グループ)で、10月に行った米国のFP事務所やカンファレンスの報告を行いました。

先日読んだ「プレゼンテーションZEN」風にやってみたのですが、かなり好評でした。

スライドと手元資料を分けて作成するのは手間だったのですが、これだけ好評であれば続けていきたいと思います。




年明けもいくつかセミナーや講演の依頼もありますので、年末に構想を固めようと思っています。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

CFP試験結果

2009.12.16(Wed)

今日は、先月受験したCFP試験の結果が発表になっておりまして無事に「合格」しておりました。FP業界に属したばかりとはいえ、CFP資格を保有していない事で若干肩身の狭い思いをしておりましたので正直ほっとしています。

3月に「エントリー研修」なるものがあるようですので、正式に資格取得できるのはその後なんだと思いますが。

まあ、本当に良かったです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

保険を買い取る

2009.12.16(Wed)

一昨日、昨日といくつかのセミナーに参加してきました。

一つ目は、日興コーディアル主催のブラジルマクロ経済に対する話。
ブラジルは関心があるのですが、なかなか遠い国なので自分で調べるまでには興味が持てなかったので、今回は近年のマクロ経済状況と経済統計をまとめて聞けたので助かりました。

二つ目は、証券アナリスト協会主催のベトナムマクロ経済の話。
内容は、結構知っている内容が多かったのですが、収穫は「ビナファイナンス.com」というサイト。








これまでは、「ベトナム株情報」を利用していたのですが、それに負けず劣らずの情報サイトになってます。
もう一つびっくりしたのは、ベトナムに対する熱気。
他のセミナーにも参加した事がありますが、昨日のベトナム経済のセミナーは、人がぎっしり。
基本的には証券アナリストしか参加していないと思うのですが、そこまで注目度が高いのでしょうか?ちょっと疑問です。

さて、最後にご紹介するのは「保険を買い取る」投資商品
これは、英国のManaging Partners LimitedのTradedPolicies Fundという商品

簡単に説明すると、米国のお年寄りの死亡保障の付いた保険を割り引いて買い取って、保険金がおりるまで保有しておくという考え方。

例えば、平均余命から見て5年程度の方の10万ドルの保険金のかかった保険証券を4万ドルで買い上げ、残り5年間の保険料も支払い続けます。
支払い保険料が残り5年で2万ドルだったとすれば、投資額6万ドルに対して、5年後の被保険者死亡時には10万ドルの現金が入ってくる仕組みです。

米国にそのような金融商品(あるいは保険証券の2次マーケット)があることは聞いていましたが、説明を聞いたのは初めてでした。

仕組みとしてもシンプルなものなので、十分投資対象として検討するに値する商品だと感じました。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る