小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

iOS4

2010.06.23(Wed)



iOS4をインストールしました。

iPhoneヘビーユーザーではないので、凄く変わった印象はないのですが、マルチタスク機能とフォルダ機能は便利そうです。

ただ、サイトを見ないと操作方法はどこにも書いていないので注意です。

上の2つの機能も、サイトを見て使い方が分かりました。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ここ最近のニュース

2010.06.22(Tue)

先週から、結構忙しくてブログが更新できていません。
ですので、最近気になっているニュースを備忘録的に、あとは近況報告。
後日時間のある時に、補足追加していこうと思います。

【経済】
・中国人民元、切り上げ再開
・ベトナム株順調に上昇
・ベトナム新幹線、国会で否決
・日本政府「新成長戦略」発表

【仕事】
・久しぶりの不動産仲介契約
・宅建主任者免許の更新
・BNI秋葉原チャプター立ち上げ
・iPhone企画順調
・リタイアメントプラン整理
・出版企画遅れ気味

【プライベート】
・ホームステイのインド人帰国
・7月の上海訪問日程確定(10日~14日)
・POGドラフト終了

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

レビュー~その他

2010.06.17(Thu)

ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術


ビジネスマンのための40歳からの本を書く技術
今度、本を書く企画を進めています。

本を書くときにどのようなことに気をつけて、また本の企画書はどのような構成にしていけばよいのかに ついて考えていたときに、この本に出会いました。

著者は、サラリーマンをしながら、商業出版をこれまでに7冊ほど出版してきた方で、どち らかというと、その本を書く前の情報収集方法や整理法について触れられています。

最後の方に、出版までの担当者とのやり取りや具体的な本 の章立てについて触れられていますので、その部分が非常に役に立ちました。

私の出版については、正式に決まったらご報告します。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ドラッカーレビュー

2010.06.17(Thu)

世間では、「もしドラ」が人気ですが、どうも立ち読みする限りあまり興味が惹かれなかったので、朝お勉強会でこちらの本を薦められたので読んでみました。


実践するドラッカー【思考編】

実践するドラッカー【思考編】
先日参加した朝食会で、オススメされた一冊。

ドラッカーは過去に読んだことはありますが、そのときはあまり印象に残りませんでした。

今 回読んだ本は、ドラッカーの名言集+ワークシートのような構成で、ドラッカーのエッセンスだけ抽出したものです。

私を含めたドラッカー初 心者にはわかりやすい本になっています。

今回、この本を読んだことで仕事のあり方を根本的に見直す必要性を強く感じました。

現在、このワークシートを利用しながら自分の時間の使い方について再検討しているところです。 
 

実践するドラッカー【行動編】

実践するドラッカー【行動編】

 先程の思考編とセットの実践編。

私は思考編から読みましたが、別にどちらか一冊あれば十分だという気がしないでもありません。

た だ、名言についてはかぶっているわけではない(内容はかぶるところが多い)のでやはりドラッカーを全然知らない初心者には良いのではないでしょうか。

 

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

演劇本レビュー

2010.06.17(Thu)

最近、読んだ本のレビューをサボってました。
そこそこあるのでご紹介。

演劇入門


演劇入門 (講談社現代新書) 
久しぶりに劇作家の平田オリザを読みました。
僕が高校時代から大学時代にかけて好きだった劇作家です。
この本も昔に持っていたのですが、 その頃は「演劇とは何か」というタイトルだったと思うのですが。

内容は、平田オリザの考える演劇論。
一般的な演劇論とはかなり異 質なのですが、この本を読むとこちらの方が論理的な気がするので不思議なものです。

青年団の演劇も久しぶりに観たくなりました。  

コミュニケーション力を引き出す

コミュニケーション力を引き出す (PHP新書)

もう一冊、平田オリザ。

先日、演劇ワークショップを企業研修に取り入れる活動をしている企業で平田さんの対談を聞く機会がありました。

こ の本は、演劇を通じてコミニュケーション力を磨く方法やその可能性について述べられています。

仕事をしていて、毎日のようにコミニュケー ションについては考えさせられることが多いです。

この本は、そのことについて別の角度からヒントをもらえる、そんな本になってます。



無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

今週9日に、NTTグループで訴訟していた「OB年金減額訴訟」はNTT側の全面敗訴で決着しました。

今回のポイントは

年金受給者14万人のうち3分の2以上、12万人の同意をとりつけ、2005年に厚労省年金局国民年金企業年金課に減額認可申請」

したにもかかわらず、

最高裁の判断は、東京高裁の

①事業主(企業)の自主性や労働者の多数決を前提と した労使の合意といった手続的要件のみに年金の運営を委ねるものではない、②控訴人(NTT)の主張はつまるところ、企業の経営努力によって計上された利 益を配当に充てることを優先すべきであるという主張であり、これをもって、企業年金制度の廃止という事態を避けるためには、受給権者等に対する給付減額も やむを得ないというほどに経営の悪化したとは認め難い」

という判断だということで、企業の年金債務に関しては、例え労使の合意があったとしても減額できないということになります。
ちなみに、これまでOBの年金を減額してきた事例は以下の通りです。(asahi.comより)

労使が合意しても年金額が下げられないというのは、労働者に優しい環境ですね。

ただし、逆に会社がつぶれそうになるまで、少なくとも年金債務に関しては手が打てないということです。
大企業をリタイアした人は、常に自社の年金債務と会社の業績に対して気を配らなくてはいけないということになりそうです。

現役組は、OBの年金に手をつける前に、もう十分に年金額が減額されているので、ここでもやはり世代間格差を感じる次第です。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

日本年金機構

2010.06.09(Wed)

 
今日は、先程「算定基礎届・月額変更届」の話を聞きにCCレモンホール(旧渋谷公会堂)に行っていました。

今年初頭に、自分の給料を見直した時に、日本年金機構の窓口に行って「月額変更届」について質問したのですが(自分の給料を減らしたので、社会保険料も変更しに行った)

その時対応した職員は

「7月に算定基礎届が送られるので、その際に変更してもらえば良い」

と説明を受けたので、そのまま戻ってきました。

今日、説明を聞いていてやはり1月の時点で月額変更届の提出で正解であった事がわかりました。

本当に、役所の人って責任感が無いというか、なんというか。

と感じた一日でした。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る