小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

前田有花キャスター登場

2011.07.29(Fri)

昨日は、ラジオ出演のあと、知り合いのS&Sinvestmentsの岡村さんのセミナーに参加してきました。

30代~40代に向けての海外投資セミナー

ということで、皆さん真剣に話を聞いていました。

そこで来ていたのはテレビ東京のWBSのスタッフ

どうやら「海外投資特集」ということで取材に来ていた様子。

そこでお会いしたのが、前田有花キャスター

ymaeda.jpg実は、この方は僕の大学サークルの2つ上の先輩なんです!!(サークルの皆さん知ってました?)

久しぶり?にお話しして、さっそく宣伝で私の本をお渡しいたしました。WBSで取り上げてくれないものかしら?

そのほか、東洋経済の記者さんや、ダイヤモンド社の方、僕の大好きなパンローリング社の方、ワールドインベスターズTVの石田さんなどなど沢山の方にお会いできて、非常に楽しい時間を過ごせました。

岡村さん、有難うございました!






無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

海外投資の話をしていると

「為替リスクはどうするんですか?」

という質問を必ず受けます。

個人的には、為替なんか気にせずに長期で投資をしていれば良いのに。
(あるいは、為替がそんなに気になるのであれば海外投資をしなければいいのに)

と思うのですが、非常に気になる人も多いようですので、今回はそのお話。

為替の決定要因は、非常に複雑で、そういう意味では私も含めて、誰も為替の動きはわからないと思っているのですが、一応オーソドックスな考え方として「購買力平価」(PPP)という考え方があります。

これは、同一商品をそれぞれの国で購入する場合、同一価格でないとおかしいので、「一物一価」の法則が成立すると仮定した場合の為替レートを求めるものです。

この考え方で有名なのは英国エコノミスト誌が毎年発表する「ビックマック指数」などがあります。

私がチェックしているのは、以前もご紹介した国際通貨研究所の購買力平価の発表

まずはドル円レートから見てみましょう。

ドル円ppp.pngこれを素直に見れば、ドル円では円が高すぎであることがわかります。
しかし、消費者物価でのPPPレベルまで円安が進むことも少ないので、企業物価PPPと輸出物価PPPの間で推移するのが通常なのでしょう。

そうやって見ると、現在の為替レートは普通とも言えますし、100円ぐらいまでの円安はあり得るのかもしれません。
逆に上値は65円程度まで可能性があるとも言えますね。

次はユーロ円です

ユーロ円ppp.pngユーロ円を見ると、ユーロは常にPPPよりも高い水準で推移していることがわかります。
ということは、今後もユーロは弱含みである可能性が高そうです。

株をやる場合には、特にユーロ圏への輸出依存割合が高い会社には気を付けたいですね。

もちろん、日本の通貨(債券)事態に信用不安が起こる場合は、また別の話です。





無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ブログでは告知しておりませんでしたが、明日まで今回の書籍のアマゾンキャンペーンを行っております。

51EVlUPsA-L._SL500_AA300_.jpg

下のサイトより無料で立ち読みができるようになってます。

立ち読み登録サイト
http://ifund-research.com/free/


また、明日までにamazonでご購入いただいた方には特典をご用意いたしました。

「親スネ、資産運用チェックシート」です。

 このチェックシートは、あなたにとって「二世代マネープランニング」が必要かどうかが
簡単にわかるチェックシートになっています。

 質問項目に答えていくだけで、

「二世代マネープランを考える必要があるのか?」
「今から資産運用に取り組むべきなのか?」

が簡単に診断できるようになっています。

本を読んで

「本当に自分には二世代マネープランニングが必要なのだろうか?」

と悩んでいる人はチェックシートに取り組んでみてください。


チェックシートだけではなく、「二世代マネープラン」「資産運用」に取り組んでいく場合
のポイントも簡単にまとめていますので、自己診断にご利用下さい。

プレゼントの二つ目は

「人気FP花輪陽子と小屋洋一の資産形成対談ビデオ」

をお届けします。

花輪陽子さんは、外資系金融機関に勤務していましたが、「リーマンショック」のあおりで、
2009年夫婦同時失業を経験。投資銀行を退職し、FPとして独立。
そのご、雑誌や新聞などでの執筆のほか、全国各地で講演、テレビやラジオの出演など精力的
に活動を行っている人気FPの一人です。
著書に『夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『夫婦同時失業から復活したFPが教える、
節約せずに年間200万円貯める方法』(大和書房)、翻訳書に『手放す生き方』(サンガ)など
新進気鋭のFPとしてご活躍中です。

私も花輪さんにはFPとしてのスキルはもちろんのこと、2008年のリーマンショックからこの
2011年までの3年間で著しい成長を遂げた花輪さん自身に大変興味を持っています。

そこで、今回は花輪陽子さんをゲストにお迎えして

「35歳で考える資産形成」
「家計見直しのポイント」
「住宅取得に対する考え方」
「海外に投資することについて」
「小屋・花輪はどのような資産運用をしているのか?」

などのテーマで対談いたしました!

 実際、現役人気FPの資産運用に対する考え方などがわかりやすく解説されていますので
皆さんの資産形成にもかならず役に立つ動画に仕上がっています。

特典受け取りサイト
http://ifund-research.com/free/present/

ぜひぜひこの機会にご購入をお願いいたします。




無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

今日は、午後16時からラジオNIKKEIの「夕焼けマーケッツ」に出演してきました。

その様子は、今のところPodcastで聴くことができますので、ぜひ聞いてみてください。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

久々にベトナム株ネタです。

私の利用しているSSI(サイゴン)証券からメールが来ました。

8月1日からベトナム証券市場の取引ルールが変わるとのお知らせでした

1.複数口座開設の解禁

これまで、ベトナムでは国内・海外ともに1人1口座しか保有できませんでした。

例えば、私はSSIで口座を保有していますので、他の証券会社で口座開設をすることはできない

あるいは、SSIを一回クローズして、他の証券会社に口座を作らなければいけませんでした。

これが、1人で複数の口座を持てるようになったとのこと。

大変便利になりますね。

ただし、複数口座を保有した場合にはすべての口座を合計した情報の報告義務があるとのことでした。

とりあえず、今のところは私はSSI一つで十分ですけどね。

2.同日反対売買の解禁

これもベトナム市場の特徴として、投資家からは敬遠されていた「同日反対売買の禁止」もルールが変更になります。

ルールとして

・同一証券会社で売り注文と買い注文を発注する
・前の注文(売り・買い)が実行された後に、次の反対注文(買い・売り)を実行する

ということだそうです。

これも、私はデイトレードすることは無いので全く支障はないのですが、市場全体の事を考えると流動性が高まる方向の改革なので嬉しい情報ですね。

これを機に、ベトナム市場も回復の兆しを見せてくれると嬉しいのですが、今のインフレ率を見ているともう少し時間がかかりそうです。

ベトナム株.jpg
VNインデックスの1年チャート

ともあれ、このような情報をきちんと送ってくれるSSI証券には感謝しております。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先週、発売になった本がようやく書店に並んで見かけるようになりました。

そこで今日から3日間、「親スネ」の無料立ち読みサイトをご用意いたしました。

まだ、買って読んでいない方々は一度見てみてください。

よろしくお願いします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ラジオNIKKEI出演決定!

2011.07.22(Fri)

書籍出版のおかげで、さっそくラジオNIKKEIさんに出演させていただくことが決まりました!

ラジオNIKKEI
夕焼けマーケッツ

1246278506.jpg


来週28日(木)16:00~16:45の生出演だそうです。

もちろん、パソコンPodcastでも聴けますのでご安心を。

また、出演の感想などご報告していきます。



無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る