小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

経済財政の中長期試算

2012.01.27(Fri)

「経済財政の中長期試算」というものが、今週24日に内閣府から公表された。

内容については、新聞や報道などで目にされたかもしれないが、今一度原本を確認してみた。

以下、推計のグラフを確認してみよう

名目成長率.jpg
一応、「成長戦略シナリオ」と「慎重シナリオ」に分かれています。
成長戦略シナリオは、日本の成長戦略が上手くいった場合で、慎重シナリオは内外の状況が慎重に推移した場合の推計だそうです。

ただ、一見してわかりますが、「慎重シナリオ」でもすでに2003年~2007年にかけての「世界同時超好景気」時点の成長率を追い抜いてるんですね。

当時は私は不動産業界にいましたので、世界中の過剰流動性の中で
「景気が良いんだなぁ」
というのは何となく実感できました。

当時よりももっと「景気が良い」という状態が、バブル期を知らない私には理解できないのですが、「慎重シナリオ」でそういう成長度合い以上を考えているとすれば、

それはちょっと・・・・

と思わざるを得ません。

実質成長率.jpg
実質成長率についても同様です。
後に出てくる物価上昇率が上昇しているので、実質では1%~2%代になっているのが確認できます。

物価.jpg
物価が以上の通りです。
何故2014年が大幅に引きあがっているかと言うと、これが消費税3%アップと言う事なんでしょう。
2015年にはさらに2%アップとなっているのも織り込まれています。

まあ、消費税を上げたら物価が上がるのは当たり前です。
問題はそれ以前に1%程度のインフレ率に戻せるかという事です。

基礎的財政収支.jpg
国と地方のプライマリーバランス
徐々に良くなるけれども、2023年度でもまだまだですね。と言う話
慎重シナリオでは全く追いつきません。

慎重シナリオでも高いハードルなのではないか?
と思っている私には非常に厳しい数字に見えます。

国の財政収支.jpg
国はもう少し厳しいというデータ

公債残高.jpg
この非常に楽観的な「成長シナリオ」をもってして、ようやく公債残高の対GDP比の上昇はストップします。
「慎重シナリオ」ではもはや発散しているようにしか見えません。

内閣府の試算は、とても楽観的に見えるのですが、もう少し慎重なシナリオを書くことは「政治的」に説明がつかないのだろうなと思います。

とりあえず私は今年の日本が2%成長できるのかどうかが気になります。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

最近、TVで国民年金基金のCMを良く目にします。

「0120-65-4192 老後、良い国~♪」

とか職業柄、やけに耳につくんですよね。

今朝は、新聞に折り込み広告も入っていて、かなりの宣伝を行っている様子が伝わってきます。

破産した安愚楽牧場も破綻寸前に広告露出が突出して多くなったことを思い出してしまいます。

去年の夏にも同じ記事を書いたのですが、フォローアップ記事と言う事でご覧ください。

ホームページからわかることを整理しておきましょう。

まず、加入者状況から

ruiseki.gif
この10年で加入者が30%以上も減っています。

nenrei_kanyu.gif
年齢構成も相続できましたが、半分は50代ということで、そろそろ給付が著しく増加してくる頃合いです。
従って、若い世代の加入者がどうしても必要なのでしょう。

年金基金財政.jpg
財政的には、将来の支払いに必要な責任準備金が全く足りていない状態です。
責任準備金に対して3分の2程度しか資産が無い状況です。

また、調べてみるとこの責任準備金は 

(法第九十五条の二 に規定する責任準備金に相当する額の算出方法) 
第五十二条  法第九十五条の二 に規定する責任準備金の額は、基金又は連合会が解散した日において当該基金又は連合会が年金の支給に関する義務を負っている者について政府が積み立てるべき責任準備金が当該基金又は連合会が解散したことにより増加する額に相当する額として厚生労働大臣の定めるところにより計算した金額とし、その算定の基礎となる責任準備金の予定利率は、年四分とする。

つまり、年利4%を前提とした責任準備金の計算になっています。
民間の生命保険各社の予定利率が1%台の環境下で4%の利回り設定を置いている所からも、実際の財政状況はここで見る以上に悪化していることが明らかです。

ポートフォリオ.jpg
運用ポートフォリオは、GPIFなんかと比較すると、とてもアグレッシブです。
問題は、このポートフォリオで4%の利回りが確保できるか?
と言う事ですが、可能性は無くはないですが、現在の環境下では難しいかもですね。

国民年金基金は、特に政府が保証しているわけでもなんでもありませんので、FP的な視点からすると全くオススメできない状況ですね。

自営業の方は個人向け確定拠出年金に加入する方がよっぽどましでしょう。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先週、政府から「社会保障・税一体改革」素案が発表されました。
日本にとって重要な論点ですので、皆さんも一度読んでおくことをオススメします。

ニュースや新聞では、年金と税金(消費税)の事が特に大きく取り上げられていますが、素案自体は

・子育て支援(幼保一体化)
・医療・介護サービスの見直し
・年金制度の見直し
・セーフティネット(生活保護制度)などの見直し
・雇用制度の見直し
・税制の見直し

ともう少し論点は幅広い構成になっています。

私が評価できる部分で言うと

・年金の基礎年金を税方式にして最低保険料7万円とすることは、基礎年金が老後の最低限のセーフティネットとして機能するので
 良いと思います。

・個人に番号を付けて納税・社会保障を行うマイナンバー制度は、今後効率的な徴税と社会保障を行うためには不可欠な制度だと思いますのでこれも早めの導入を検討してほしいものです。

逆に評価できない部分は

昨年の記事でも触れましたが、社会保障費は今後高齢化に伴う自然増が決まっているので、いかに社会保障費を抑制していくかという観点が必要なはずなのに、社会保障制度の充実を謳っているのでこれでは全く意味がない。
 せめて高齢者福祉から若年層負担減額への方向性が見えないといけない。

・同様に増税措置は国家財政の立て直しに利用しなければいけないのに、増税分はそのまま社会保障の充実の為に利用するような書き方である。
 これでは、プライマリーバランスの均衡などには全く役に立たなそうに見える。

ということで、今期国会での議論を皆さん注目しておきましょう。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

昨日は、第4回インデックス投資ナイトに参加してきました。

IMG_0072[1].JPG
場所はお台場の東京カルチャーカルチャー(お台場Zepp Tokyo 2F)で、若干遠く

「一体お正月の3連休からどんな人たちが集まってるんだろう?」

と思っていたのですが、会場は満席で大盛り上がりでした。

また、テレビ東京の前田有花さん(サークル先輩)が取材に来てまして、久しぶりにお会いしました。

私が座った席は、ブロガーで有名な吊られた男さん、kenzさん、FUKURI777さん、長谷川さんと同じテーブルで、色々投資商品について情報交換やインデックスファンドの細かな話しについて教えてもらったりしました。

イベントは、最初に投信ブロガーによる2011年Fund of the yearの発表

IMG_0067[1].JPG
一位はCMAMの外国株式インデックスeでした。

インデックス派には従来STAM,eMAXIS,CMAMが人気でしたが、今回はアクティブ投信の鎌倉投信が2位に躍進していたのが意外なところでした。

また、吊られた男さんに野村のfunds-iのページが良くできていることを教えてもらいました。今度しっかりと見ておきます。

イベント第一部は、

IMG_0071[1].JPG
岡本さん、島田さん、花輪さん、内藤さんによるディスカッション
今年は会場との双方向性を意識した作りになっていましたが、twitterをバックに流したのが一番おもしろかったです。

当日の様子はtwitterの#idxnghtによくまとまっています。

IMG_0074[1].JPG
第2部は、カンさん、竹川さん、山崎さんの3名によるパネルディスカッション。

カンさんが国内ETF派、竹川さんがインデックスファンド派、山崎さんが海外ETF派の役割で、それぞれの特徴や長所短所を解説するという設定で、趣向が凝らされていました。

イベント自体は21時には終了したのですが、その後そのまま懇親会が開催され、22時半ぐらいまで盛り上がりました。

個人的には、著名ブロガーの皆さんと直接お会いしてお話しできたことが一番楽しかったです。

このイベントに来ている方はもちろん金融リテラシーが高い方が多いので、こうした活動をどう、一般の人に理解・浸透して行くかというのが私の課題です。

企画していただいた皆さん有難うございました。もちろん来年以降も参加させていただきます。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ブログは、2008年の正月から書き始めてようやく丸3年経過したところです。
4年目になる今年もよろしくお願いいたします。

2011年のブログについて、人気ランキングを確認してみました。
調べてみると意外な結果になりました。

第1位 ハンサードの登録

2009年9月の記事で、内容はハンサードの登録が完了したと言うだけで、何もないんですけど。
ハンサードを利用して投資を行おうと考えている人が多いのでしょうか?
たぶん検索で引っかかるんでしょうね。

第2位 年金確保支援法が成立

これも地味な記事です。
年金やDCに興味がある人が多いのでしょうか?(本当?)
経済ネタはFacebookなどでは反応が薄いので意外です。

第3位 海外送金はしっかりチェックされています

海外送金については、年々金融機関でもチェックが厳しくなってきている印象です。
同じように税務署から確認が来ている人が見ているのでしょうか?

第4位 銀(コモディティ)の暴落

銀については、2008年以降注目してきて度々記事にしてきました。
先物やETFなどを利用して銀に投資をしてきたのですが、個人的には急上昇する前にポジションを外してしまい
相場の上下には乗れませんでした。
ただ、今後もコモディティについては強気で考えていますので、注視していきたい市場です。

第5位 中国株・ベトナム株セミナー

思えば、2008年にブログを開始した際には、主に中国株とベトナム株の話を書いていこうと思って始めたブログでした。
当初からの読者や中国株に関心のある方が変わらずに読んでいただいているとすれば、こんなにうれしいことはありません。
戸松さんのセミナーはこうして振り返ってみると、やっぱり当たったり当たらなかったりですね。
話を聞いたうえで、やはり自分でしっかりと調べて考える必要があると思う次第です。

第6位 生命保険業界の10年後

私の個人的な生命保険業界の展望です。
生命保険業界は、今も大変に儲かっていますが、より競争が激しく、そして透明性が求められるように変化していくと考えています。
ここら辺の危機感が強い、会社と代理店が残っていくんでしょうね。

第7位 中国株・ベトナム株現地報告セミナー報告

戸松さんのセミナー報告が2つランクインです。
中国株・ベトナム株ファンが見ていただいているということが良くわかりました。
今後もセミナーに参加したらきちんとフィードバックしていきます。
本当は2012年1月もセミナーがあるのですが、残念ながら所要で参加できないのです。
これは資料をもらう予定になってますので、資料が手に入ったらちょっと報告します。

第8位 米ドルの行方

ドル円レートに関する国際通貨研究所のレポート紹介です。
国際通貨研究所は本当に良いレポートを書いていると思いますので、都度チェックされると良いサイトだと思います。
2009年以降は日本円が強い状態が続いていましたが、今後貿易赤字が常態化していく中で、日本円は弱くなっていくのではないかと
個人的には考えています。

第9位 前田有花キャスター登場

テレビ東京の前田キャスターに合ったお話。
サークルの先輩なんですけど、学校の時にはお会いした記憶が無いので初対面でした。
WBSには最近出ていないんですけど、何の番組に移ったのでしょうか?

第10位 DHG無償増資で1.4倍!

最後は、DHG(ハウザン製薬)というベトナム株の無償増資のお知らせ。
ベトナム株ネタが10位に入るとは意外とすごいものです。
ベトナム株投資家の皆さん、ここ3年ぐらいは良いことが無いですが、10年先を見据えて頑張りましょう。

ということで2011年のベスト10を振り返ってみました。

こうして見ると、投資ネタはFacebookやtwitterでは反応が薄いんですけど、ブログ読者の方々にはしっかり見ていただいているようで安心しました。

2012年も個人投資家の皆さんの役に立つようなお話を気ままに綴っていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る