小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

2月10日(金)に日本で最初の実務家FPカンファレンスが終了しました。

参加していただいた方は100名以上と、初めての開催にしては予想以上の方々に来場いただけました。
ご参加いただいた皆様には、御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

さてその後、事務局での反省会や参加者の皆様からのアンケートなどを分析してわかってきたことをご報告しておきます。

「参加者の感想」は大きく3つでした。

1.カンファレンスの主旨とセミナー構成には満足

大多数の参加者の方々から、内容については満足と評価を頂きました。

しかし、我々事務局からすれば、来年開催するカンファレンスに今回の参加者がどの程度継続参加してもらえるかが
満足度を測る指標になってくると思っています。

2.不足している部分は「マーケティング」と「ビジネスモデル」

セミナーの内容で、今後期待されているものは「マーケティング」と「ビジネスモデル」
独立FPや実務家FPと「名乗る」ことは簡単だが、実際に「仕事を続けていく」ことは難しいと皆さん感じている様子

「マーケティング」
いかにFP相談にニーズのあるお客様を集客するのか?
というのが一番本質的で難しい課題のようです。
米国FPAでもこうしたテーマは度々触れられていますので、次回はマーケティングコンサルティングのテーマを増やそうと思います。

今回はスポンサーであるオールアバウト社のセミナーは、マーケティングの話でしたのでやはり人気があったようです。

「ビジネスモデル」
今回もFPとしてのビジネスモデルのセミナーはいくつかご用意したつもりでした。(久谷さん、相沢さん、パネルディスカッション)
それでもまだまだ
「独立系FPはどういった収入で経営していくべきか?」
という成功イメージが伝わらないのだと思いました。

来年はより一層、FP事務所の経営で成功している方々をお呼びして
「どのようなビジネスモデルで商売をしているのか?」
という内容を増やしたいと感じています。

3.FPの認知度が低いという問題

アンケートの中には
「FPの社会的、消費者への認知度が低くて、商売がやりにくい」

という意見も多数みられました。

しかし、これは誰のせいにもできない、まさに自分たち自身の問題に他ならないのではないでしょうか。
参加していただいた実務家の皆さんが

「しっかりと仕事をして、商売に精を出して、認知度を上げていく」
というのが本筋で

「FP協会が何もしてくれない」
「消費者の認知度が上がってこない」

というのは私には単なる愚痴のように聞こえます。

続いて、「スポンサーの感想」は

1.このような実務家FPの会合を開いて頂いて感謝している

スポンサーからすれば、実務に関わるFPを探すこと自体が困難なので、こうした場所で一か所に集合してもらえると
営業効率が高いという事でしょう。
もちろんこちらはその意図で企画しているので、これはwin-winです。

2.実際に購買につながった

いくつかのスポンサーさんからは
「今回のカンファレンスで実際の購買につながった」

という報告を頂いております。
もちろん、参加されるFPの方々の個人判断ですが、こうしてスポンサーの商売にもつながれば、事務局としても嬉しい限りです。

最後に「周囲の反応」は、

昨日日経ヴェリタスの取材が、今回のカンファレンスの件でありました。
ただ、残念ながらヴェリタスや日経の紙面では、まだまだ

「FP業界」の問題や動きなどについて

紙面で取り上げるほどの材料にはならないようです。

また、国内で今回のカンファレンスの話が話題になっていることも聞きません。
これは、カンファレンスを続けていくことで、規模を拡大して存在感を出していくしかなさそうです。

海外では、NAPFAFPAといったFP業界団体では、我々の日本での動きを評価していただいているようです。
NAPFAではボードミーティングでも話題になったとの連絡をもらっています。

今後は、FP業界内のみならず、消費者への認知も上げていくたゆまぬ努力が必要だと痛感した次第です。

来年のカンファレンスに主催者側として関わりたい方がいらっしゃれば是非ご連絡ください。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

学資保険について

2012.02.15(Wed)

学資保険については、昨年8月のブログでも書きました。(珍しくコメントが多かったのはやはり関心の高いトピックなのだろうか)

追加で3点「学資保険が必要ないことを」考察をしてみた。

1.死亡保障が必要ない

 学資保険とは、生存保険と死亡保険の2種類を組み合わせた仕組みの保険である。しかし4章で学んだように、本来必要である死亡保障は子供が誕生した際に計算して掛け捨ての定期保険でカバーするのが最善である。

 したがって「学資保険」に付随している死亡保障は本来必要のないものである。新しく保険でカバーする必要が無いのだから学資保険は必要が無い。

 

2.「返戻率」という数字

 

 学資保険の説明を受ける際に「返戻率」(支払保険金の額÷保険料払い込み総額)が高いとか低いという視点で話をする営業も多い。

 「返戻率」という数字そのものは、時間の概念が入っていないためにファイナンスの視点からは、ほとんど意味がなく実質的な運用の利回りもわからない。

「返戻率」という説明を受けた場合には

「それで、実質的な投資としての利回りは何パーセントになるんですか?」

と尋ねてみよう。

 

 おそらく保険販売担当者でそれに対する回答がきちんとできるものはいないであろう。

 

 実際には運用商品としての利回りは「国債」の利回りを超えるものでも無いために、自分で国債を積立していく方がはるかに効率的である。

 

例えばA社の学資保険の例を考えてみよう。

 

契約者(親)30

被保険者(子供)0

【受取保険金】

高校入学時(子供15歳)50万円

大学入学時(子供18歳)100万円

大学2年時(子供19歳)50万円

大学3年時(子供20歳)50万円

大学4年時(子供21歳)50万円

【保険料】

0歳~18歳で終了 月額12,470円 18年間の総額 2,693,520円(返戻率111.3%)

0歳~10歳で終了 月額20,870円 10年間の総額 2,504,400円(返戻率119.7%)

 

という条件で考えてみよう。

学資.png

死亡保障については考えから除いて運用利回りだけ計算してみると、18歳まで支払うケースでは利回りは1.07%、10歳まで支払うケースでは1.30%となっている。

 

 現在の銀行預金の金利水準から考えてみると高いようにも見えるが、保険商品では21年間この金利が固定されてしまう。

 日本の20年国債の金利は1.76%である。(213日現在)もしも、このまま金利が変わらないとすれば国債を保有していた方が利回りは良いという判断ができる。

 また、今後20年間も日本の金利が上がらないという想定も難しく、「学資保険」に加入することで金利を20年間も固定化してしまう事は金利リスクが大きいと言わざるを得ない。

 たとえば何年か後に普通に銀行の金利が3%になったとしても、この保険で運用されているお金は1%台でしか運用されないという事である。定期預金であれば解約することもできるが保険の場合には解約時のペナルティも少なくない。

 

 そのような運用商品としての「固定金利のリスク」は、購入側の認識もほとんどないものであるし、販売者側も元本ロスになる解約のリスクは説明しても、金利リスクについてはあえて主張はしないリスクである。(そもそも販売時に必要な説明対象となっていない)

 

3.運用能力(スキル)が身につかない

 

 前項目とつながるが我々の今後の人生の中で欠かすことができない能力(スキル)の一つが「資産運用」能力である。

 「資産運用」能力を身に着けるためには正しい知識の習得と、実践する経験が必要である。

 正しい知識は本やセミナーで「勉強」することはできるが、残念ながら実戦での経験は資産運用を通じて身につけて行くしかない。

 銀行への預金や保険商品の利用は、こうした「資産運用」スキルを身に着けることを放棄しているに等しい。資産運用については弊社のホームページで詳しく述べているが「預金」や「保険」の利用だけで経験を放棄してしまっては、これからの生活を維持していくのは難しいだろうと思っている。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

昨日、半年ほどかけて準備してきたFPカンファレンスが終了しました。
最近は準備で忙しくてなかなかブログも更新できておりませんでした。

日本で初めての実務家FP向けカンファレンスをいう事で米国FPAカンファレンスを模倣して開催しました。

カンファレンス.jpg
ご来場いただいたFPの皆さん、講師陣を務めていただいたFPの皆さん、そして初めての開催にもかかわらずご支援いただいたスポンサーの皆さんには厚く御礼申し上げます。

当日の会場の様子は、また写真を入手次第お伝えしたいと思います。

参加者の皆さんと、スポンサーの皆さんには、これからカンファレンスのご感想をヒアリングさせていただき、来年はより良いカンファレンスの開催に結び付けたいです。

来年もよろしくお願いいたします。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る