小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

東京デリカの話

2012.04.25(Wed)

投資クラブで購入していた東京デリカ
普通の方は何をしている会社かご存じないでしょうが、鞄やバッグの小売り業者です。


今月の定例会で売却することに決まりましたが、投資クラブで購入した銘柄の中では一番成績が良かったのでここで理由を考えてみたいと思います。

下記はここ3年のチャート

東京デリカ.gif
投資クラブでは平均取得単価は320円ですので、最初の購入は2010年ごろでした。

この銘柄はメンバーのMさんが発掘してきて、その時の内容は

「低PER,低PBR,成長性は横ばい」
「成長性は期待できないが、PBR(当時は0.4程度)からみても1まで戻せば大成功」
「配当利回りも4%程度あり、保有していても投資回収は進む」

という視点で購入を決めました。

また、最初300株程度の保有であったのを、割安状態が長い事続いたのと

「1,000株保有すれば株主優待で鞄がもらえる」

こともあり、途中で1,000株保有に追加投資したこともパフォーマンスの点からは大きい行動でした。

正直、会社の業績がそこまで良くなったわけでは無い(会計上の特別損失の計上変化で昨年よりも良くなっているようには見える)のですが、最近東証一部に指定替えがあったことも好影響でした。

derika.jpg
現状では、PER,PBR,配当利回りどれも魅力的な水準ではなくなってしまったので、売却を決めた次第です。

きちっと割安で良い銘柄を探して2年少しで報われた良い例というケース

同様に投資クラブで成功した銘柄にはウェザーニューズもあります。

次回は投資クラブで失敗した銘柄についても書きたいと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

最近facebook上で、blogからtwitterfeed経由facebook投稿が、リンクは貼れるが調子がおかしい。

ということで先程facebbok内のアプリ「RSS Graffiti」というアプリに登録してみた。


rss.jpg
これで果たしてうまくいくのだろうか?

ということでこれがアプリ導入後の最初の投稿である。

blog投稿をいちいちfacebookに転記するのが大変という方には良いのではないでしょうか。

【結果報告】

とりあえずこんな感じでfacebookにアップされました。

facebook.jpgまずはこれで良しとしましょう。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

昨日は、ベトナム株式をやっている方ならご存知だと思いますが、Dragon CapitalのCIOが来日していて、セミナーがあるということで参加してきました。

vietnam.jpg
さすがに、ベトナム市場で最大の機関投資家でもある同社の資料は、ベトナムマクロ経済から細かな企業調査まで資料としてはとても貴重なものでした。

ベトナム株式をやっている方は、一度目を通しておいた方が良い資料だと思いますので、連絡をいただければPDFでシェアします。

私の個人的見方ももちろんベトナム市場はここ5年ぐらいは十分に良いと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

昨日はSG会で、私の事務所にインターンに来ていた山本さんが「米国大学でのFP教育と進路」について解説をしてくれました。

IMG_0132[1].JPG
スライドもとてもわかりやすくてインパクトのある内容で、とても素晴らしいものでした。(いわゆるZen風ですね)

大学での授業はFPに関する一通りのことは勉強するようですが、やはりあくまでもさわりの部分だけで、FPとしてのキャリアはFP実務をこなしながら身につけるしかないのは米国も同様です。

そのほか、米国の成功しているFP3名に対するインタビューを紹介してくれましたが、やはりFee Only(証券や保険のコミッションは受け取らない)というビジネスモデルをどのように消費者に理解してもらうかということが重要だと感じました。

あとは、日本でいうところの一任勘定ですね。
この部分の仕組みが整わないと、なかなか日本のFP業も米国のようには発展しないでしょうね。

私は今後もコツコツFeeで契約してくれるお客さんを集めるしかないと思って活動します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

日露戦争.jpg
この本は、先日の私の情報基でご紹介したブログPorco Rosso Financial Weblog(紅豚金融ブログ+本+酒)の著者が書いた本である。
この本が出て板谷敏彦氏だと言う事がわかった。

本書の内容は、「明治の歴史好き」+「金融好き」にはたまらない内容になっている。(はたしてこの2つが好きな人がどの程度いるのかは分からないが・・・)

「坂の上の雲」では決して描かれていない明治日本の金融財政事情を英国を中心とする国際社会全体を網羅しながら綿密に描かれた初めての書籍と言って良いだろう。

日露戦争当時の債券・株式市場データも丁寧に当時の新聞調査から再現されており、膨大な手間と時間がかかったことは想像に難くない。

こうした良書が2,000円もせずに手に入るのであるから「坂の上の雲」を読んで感動した方々には、ぜひこの1冊も読んでいただきたい。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

BBT大学でのミーティング

2012.04.01(Sun)

昨日は、大前研一氏のBBT大学の「資産形成力講座」のミーティングでした。

h_logo.png

4月から講座内容を一新して、新しいコースとしてスタートするためのミーティングです。
講座内容は私からしてもとても面白いものに仕上がりそうです!

私はTA(ティーチング・アシスタント)として参加しております。

ミーティングは秋葉原BBT大学の大前さんの社長室で行われました。

IMG_0125.JPG
これが社長室ですが、大前さんの写真が飾ってありました。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る