小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

最近の仕事

2012.05.29(Tue)

最近のFPの仕事について整理しておきます。
こんなことで相談したければ是非お気軽にご相談ください。


・投資用不動産(保有マンション)ローンの借り換え

10年前に借りた投資用不動産ローンは、2012年の現在からするとかなり高金利で借りているケースが散見します。
現在の金利水準に1~2%、銀行と交渉して割り引くだけでも劇的にキャッシュフローが改善するケースも多いです。

いわゆる、不動産投資に対してあまり知識のない地主さんがこうしたケースに多く当てはまっています。

親、親戚が不動産を持っている場合には、一度検討してみると良いと思います。

・相続の手続き、不動産売却

両親が亡くなり、土地に関して相続の登記や売却のサポートをしました。
不動産の売却は、数百万~数千万単位で変化しますので、不動産業者だけではなく公平なアドバイスをする(不動産に強い)FPに相談すると結果が変わるかもしれません。

・相続本の出版

今週、相続の本が出ました。
以前のエントリーで紹介したとおりです。

・退職後の相談

退職後に
「失業保険をもらうのが良いのか?」
「年金はいつからもらえば良いのか?」
「社会保険はどうしたら良いのか?」
「顧問に就任するにあたって注意事項はあるのか?」

など疑問に思われるところを、調べて回答してます。

・相続対策
法人オーナー(会長)の相続対策のために、最適な保険商品などを国内商品だけではなく海外商品を含め調査して提案してます。

・マーケティング
面白いマーケティング手法の提案があったので利用方法を含め検討中です。

・ポートフォリオ分析
顧問のお客様には、そろそろ株式市場の回復も近いと思いますので、再度ポートフォリオを分析したうえでご提案したいと思ってます。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

株価は安くなりましたね

2012.05.22(Tue)

日曜日は、投資クラブで銘柄の選定を話し合っていたのですが

「日本株もずいぶん安くなりましたね」

というのがみんなの意見でした。

他国の市場もずいぶん安くなりました。

per.jpg
(画像:銀行.infoより)

新聞やマスコミでは、まだまだ暗いニュースが多いですが、個人的にはギリシアの状況は読めないものの、そろそろ底が近いと感じています。

クライアントにもこのタイミングできちんとリバランスを考えてもらえるように提案したいと思います。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先程ニュースで、邱永漢さんが16日に亡くなったことを知りました。
正確に言うと、ニュースを見た妻から携帯に電話があったのです。

邱永漢さんを初めて知ったのは、中国株式を研究始めた2003年ごろ

当時中国株式の情報ソースはそれほど多くなかった中で、ハイQのサイトが抜群に役に立ち、情報としても質の高いものだと感じました。

その後、過去の著作を次々と読んでいく中で

「これからの時代はアジア」

「勉強するだけでなく、つねに実践で学ぶことが重要」

「とにかくやってみること」

「起業して中金持ちを目指すこと」

など以降、私の行動規範となるものは全てQさんの著作から教えてもらったといっても過言ではありません。

そして、2008年には中国の考察団に参加し、山東省の中国企業を見て回るとともに、Qさんを通じてまた色々な方にお会いすることができました。

私は、Qさんと出会い、ここ8年ぐらいお世話になっただけですけれども、昭和・平成を通じて何十年もQさんとお付き合いされてきた方も多いと思います。

今は大変悲しい思いをしておりますが、今後はQさんが描いていたような

「国境がなくなるような時代」

に成長地域アジアを拠点として、どのように生き抜いていくのかを改めて考えたいと思います。

Qさん 本当に有難うございました。


q20120521.jpg

最期の言葉は

「これからアジアの国々は酷い目にあう。
大変な事になるだろう。
でも、それも面白いね。」

だったそうです。

意味深ですが、今後も面白く生きたいと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

前回の新刊本の案内に続き、4月に開催した新興国投資(中国・ベトナム・湾岸諸国・インド)セミナーのDVDが発売されるらしいです。

小屋だけではなく岡村さん、松田さんの話もとても楽しいものでした。

160分で上記4か国の基本的なお話から、個人投資家はどのような手段でこの国々に投資できるのかというところまで解説しています。

新興国好きは一度見ておいて損はしないと思います。

【岡村 聡】
東京大学工学部卒、東京大学大学院学際情報学府卒。卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、 バイアウトファンドのアドバン テッジパートナーズに勤務。2010年6月より、投資アドバイス会社S&S investments起業。
 大阪証券取引所、SBI証券、マネックス証券、楽天証券、紀陽銀行など様々な金融機関主催のセミナー講師を担当。オリック ス、クボタ、日清食品他一部上場企業の社員研修を担当。東京大学大学院工学系研究科講師、早稲田大学エクステンションセンター講師。メディア出演多数。

【松田 憲明】
殿堂入りメールマガジン「億の近道」発起人・編集長。NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事長。最近はインドと日本のビジネスブリッジを中心に活動しており、株式会社ベストオブインディアを設立。インド国内外に強力な人脈を持ち、インド進出のバックアップやコンサルティングを行う。



  <a href="http://www.linkedtube.com/R-HfzeBrSYgc1a74d7d1cc0dc4a3e1f00d73879bc87.htm">LinkedTube</a>

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

2年前に大江戸FPフォーラムというFP協会主催の活動がありました。

ひょんなことから、実行委員長にお誘いいただきまして参加させていただきました。

そもそもFP協会の活動があるということすら知らなかった私でしたが、準備を含めて当日までとても楽しく参加させてもらいました。

その後、有志メンバーで「グッドライフサポーターズ」という「FP」兼「専門家(弁護士・税理士・行政書士・不動産・保険など)」集団としてひっそりと活動しておりましたが、今回ようやく一つ出版という形で活動の成果を出すことができました。



くらしの相続.jpg

というタイトルで弁護士・税理士にはおなじみの「新日本法規出版」から5月25日(金)に発売です!

私の仕事でも最近「相続」の話は増えてきております。

これから相続をビジネスとして考える人、そして身の回りで相続が起こった人の必読書です!

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

昨日は、

「35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい!」読書会&実践会

ということで読書会にお招きいただきました。

昨年の私の本を題材にしていただいて、午前中は本を読み、午後に私も参加してディスカッションやワークをしてもらう形式でした。

参加者の方々の意見を聞くと

「本に書いている事は本当に大切だと思うが、いざ自分の親の話となるとお金の話はしづらい」

という意見が多かったです。

私個人は「お金」の話に対して、何の抵抗感もないのですが、一般家庭ではまだまだ「お金」の話はタブー視されているのでしょうか。

親とお金の話をするためには、子どもの方が自ら

・自分のライフプランについて作成して、親に説明できる準備をしておく

・自分のエンディングノートを作成して、老後や介護の話をできるようにしておく

・自分の遺言を作成して、死後の財産分分与について説明できるようにしておく

という作業を行っておくと、親に対しても話がしやすいのではないかと思います。

ちなみに、私も先週「エンディングノート」を買って書いたところです。

買ったのは小学館のこちら

51u+00O7R8L._SL500_AA300_.jpg

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

GW休暇の過ごし方

2012.05.05(Sat)

今日は、GW中で唯一の終日休みです。

毎年GWは、中国株の保有銘柄に関して昨年の決算を振り返る作業をしているのですが、今年は1日しか時間が無いので「中国株」ではなく「ベトナム株」の研究時間に充てたいと思います。

とりあえず保有している銘柄

DHA ホアアン鉱業
DCL クーロン製薬
CTB ハイズオンポンプ製造
BMI バオミン保険
CII  ホーチミン市インフラ投資
HAG ホアンアインザーライ
VNR ベトナム国家再保険
KDC キンド食品
DHG ハウザン製薬
SSI  サイゴン証券

あたりから調査して、その後保有したいセクターの銘柄(銀行、食品、保険)など調べて行こうと思います。

SSI証券からも毎日のようにレポートが来るのですが、目を通し切れていないのでそのあたりも処理したいと思ってます。

また、面白いネタがあればブログで報告します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る