小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

前回のブログで足りなかった情報です。

IFAのホームページはこちら

ハングルだと全然わからないや。
google翻訳とか利用するといいですかね。

だめだ・・・全部画像なので翻訳されません。
ハングル読める人だけ参考にしてください。

もうひとつのライフプランソフトは理財元
このソフトははっきりいってスゴイ!
私が過去見た中で(米国、英国も含めて)一番良いソフトウェアだと思います。



このソフトに関しては、日本でこのソフトウェアを導入してくれるパートナー企業などを探したいと思います。




無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

韓国(ソウル)FP訪問

2013.08.11(Sun)

今週は水~金曜とソウルに行ってきました。

目的は、韓国FPの方々との交流と、FPビジネスについて意見交換をしてきました。
今後は毎年1年ごとに交流会を持とうと言う話になりました。今回の訪問はその第1回目。

韓国セミナー.jpg
水曜日は、韓国FPの勉強会(二水会)でセミナーを開催しました。

私は日本のFP資格者やビジネスの現状と言う事で、有資格者は多いものの、なかなか資格をビジネスとして活用しきれていない現状についてFP協会でのアンケートを中心に説明しました。

その後に、韓国側の発表もありましたが、現状としてはきわめて似ている印象を受けました。
韓国の方では、試験に合格してもCFP,AFPを取得しない層がとても多い(有資格者の倍はいました)とのことでした。

いずれにしても、資格を保有すること自体に直接的なメリットが少ないと言う事でしょう。

集合写真.jpg
こちらは勉強会の集合写真
立派な横断幕も準備していただいて恐縮です。

二日目は、FP事務所の訪問

最初は、今回の訪韓をコーディネートしてくれたチャンさんの勤めているIFAという会社

ifa.jpg
昨年創立された新しい会社だそうで、韓国の大手保険会社の役員経験者がリタイア後に会長(60歳)として創業したそうです。
(日本もこうやって大手企業の役員経験者がベンチャーを作ると面白いと思うんですけどね)

事業の内容を聞いていると、大体日本でいう所の乗合保険代理店と金融商品仲介業を兼業して、「保険」「証券」を両方扱える金融仲介会社という位置付けに当たりそうです。

韓国の構造は、やはり日本と似ていて、今のところは保険の方が証券よりも「売りやすい」「コミッションも大きい」という理由から収益の割合は9:1ぐらいの割合で保険のコミッションに寄っているとのことでした。

そして、今のところはこうしたプランニング自体でFeeが取れるという所まで行っていないのも日本に酷似します。

ただ、ビジョンとしては証券:保険を4:6ぐらいまで持っていきたいと言う話ではありました。

ga.jpg
次に訪問したのはW-ASSET社

こちらは、全国で640名程度のGA(General Agent)を抱える会社です。
要するに個人個人で活動するGA(日本で言うところの保険外交員や証券外務員)をサポートする会社という感じです。

ビジネスモデルとしては、先のIFA社を変わらない印象を受けました。

収益としては、各GAが獲得したコミッションの10%をW-ASSETがもらうと言う仕組みのようです。

私の所属する保険代理店のホロスプランニングと収益構造は似ています。

もう一つ、見学させていただいたのは韓国のFPソフトウェア会社のソフトも見せてもらいました。
(会社は名刺を事務所に置き忘れたので後で調べてアップデートします)

これは、正直すごいソフトウェアでした。

私も米国に行って色々なFP実務で必要なソフトウェアを見てきましたが、これまでは米国のmoney guide pro(米国No.1のFPソフトウェア)だと思っていましたが、このソフトはそれを上回る出来でした。
これまで開発に5年かけてきて、これから韓国FP協会と組んで、販売を開始するところだと言う話でした。

ぜひ日本のソフトウェア会社かFP協会辺りで、連携して日本にも輸入してほしいソフトです。

最後にFP協会の訪問

fp協会.jpg
韓国でもFP協会の抱える問題点(あくまで前日の夜にCFPの人と飲んで語ったところ)は変わらないようで、如何に有資格者に対してメリットを感じてもらえるかという所が、まだまだ力不足で、会員には満足されていないという所が現状のようです。

活動としても、それほど興味を引かれるところはありませんでした。

まとめとしては

・韓国のFPビジネスの現状は日本の金融環境と似ている
(基本的には銀行、保険、証券会社があって、最近独立系の代理店、仲介業者が出てきた)

・ビジネスの展開スピードは速いように感じる
(韓国の金融ビッグバンは2008年の法律改正から、わずか5年でここまで変化したとすれば変化は早い)

・ITシステムは日本以上に進んでいる
(見学したIFAにしても、ソフトウェア会社にしても高度なITシステムを利用している。それをGA(IFA)各人が使いこなしているかどうかは不鮮明)

・FP協会は、まだまだ資格者の支援としては不十分
(飲み会で有資格者がFP協会に対する愚痴を言う事が多いのは、日本とそっくり)

来年は、東京で韓国の方々をお迎えして開催することになると思いますので、運営にご協力いただける方は、お願いします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る