小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

前回は、ドバイ滞在中でドバイの街中の印象をお伝えしました。今回はドバイ視察を通じて感じた日本からのビジネス可能性についてお伝えします。

 前回少し触れましたが、ドバイではUAE国民(1割)と外国人労働者(9割)で構成される社会です。
 UAE国民は、非常に優遇されていて、所得も高くほとんど実労働することなくお金の入ってくるしくみ(原油ビジネスやその他合弁ビジネス)を構築しています。

 つまり、ドバイでは外国資本がドバイ国内でビジネスを展開しようと考えれば、現地のUAEの人と組んで合弁でビジネスを始めるしか手法が無く、実際には実労働は外国人がビジネスを展開し、UAE側は資本家としてビジネスの恩恵に預かるという形式が一般的のようです。

 こうしたUAE現地人は、お金があってそれほど仕事も忙しくないので基本的には「消費」に貪欲で、お金を使う事に意識が集まっています。ショッピングモールなどでも、大きな消費を行う層はこうしたUAE現地人とその家族です。

 UAE現地人向けには主に欧州系のブランドが深く浸透しており、高級ブランドがひしめいています。

 もうひとつ、ドバイには年間5,000万人もの観光客が訪問しているという話でした。こうしたドバイ訪問の観光客もUAE現地人ほどではありませんが、高級ブランドの対象者であると言えます。

20140114_072159861_iOS.jpg
(ショッピングモールには高級ブランドが立ち並ぶ)

 一方で、ドバイは下級のマーケットも充実しています。ペルシア湾に面するドバイは昔から貿易の中継点として利用されていた港で
す。それは今も変わらずに発展を続けていて、現在では中東・アフリカ・ロシア近隣諸国などに対して貿易の中継点として大きな見本市としての市場が形成されています。

 つまり、中東・アフリカ・アジア西部の諸国のバイヤーがドバイに集まり、そこで自国で必要な商品を購入して原産国からドバイを中継して輸出すると言う構造になっています。

 ですから、ドバイの市場ではこうした発展途上国向けの商品があふれかえっており、そこで活発な商品の移動が行われています。

 こうした発展途上国向けマーケットではもちろん商品単価は安くなければ通用しません。 

20140116_053533469_iOS.jpg
(問屋街の様子)

20140116_060109712_iOS.jpg
(アフリカ向け商品等が並ぶ)

 高級路線と低価格路線の両極端なマーケットが並立する国、と言うのがドバイの特徴だと言えます。

 そして、最期に日本からのビジネス可能性です。結論で言うと日本のメーカー、小売り、サービスがドバイで成功する可能性は十分
にあります。なぜならばドバイの市場ではほぼ全くと言ってよいほど日本メーカーの商品を見かけないからです。

 高級価格路線では欧州系のブランド品が圧倒的に強く(一部米国のブランドも存在する)、中級~下級価格では中国・韓国メーカーが非常に力を入れて浸透している様子です。

 日本のメーカーは、自動車以外ではほぼ目にしないため、大きなチャンスがあるとも言えます。現地でヒアリングをしても日本商品に対するイメージは

「高品質」、「高価格」

というイメージがあるようです。

 ですから日本のメーカーは、高級価格路線で「高級ブランド」で押していくか、「中品質、低価格」で中国、韓国メーカーと争っていくか、どちらかに立ち位置を決めて、戦っていけば大きく成長することができる市場だと感じました。

20140117_080509534_iOS.jpg
(これは本当に日本メーカーなのだろうか?)ここかな?

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ドバイ滞在初日

2014.01.15(Wed)

ブログ読者の皆様遅くなりましたが明けましておめでとうございます。本年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 


 さて、現在私はUAEのドバイに来ております。お客様がドバイで仕事を展開されているのに少し関わっておりまして、現地に来ることになりました。

 初めてドバイに来ることになりましたので、今回はドバイの現地の様子をお伝えしようと思います。 

 私は昨日朝に現地入りしたばかりで、仕事は本日からという事でビジネスに関する情報はまだ入ってきていないのですが、昨日観光客の一人として現地をぶらぶらしながら感じた事をご報告することにします。

 まずはエミレーツ航空。今回は羽田からドバイのエミレーツ航空の直行便を利用しました。昨年の6月に就航した新しい路線のようです。

 飛行機でのサービスも(もちろんエコノミーですが)アメニティの提供から機内のシートまで十分なサービスで、私が利用した航空会社の中では一番良いレベルであったと感じました。(匹敵するのはANAのB787に乗った時ですが、これは機体が最新鋭で心地よかったです)

 羽田から約12時間フライトするとドバイ国際空港に到着します。まず圧倒されるのは空港の巨大さ。到着したターミナルはエミレーツ航空専用ターミナルのようで、新しいものでした。

 しかし、巨大なターミナルに比して人の数は多くなく、入国審査を含めてターミナル内ががらんとした印象を受けました。
それは到着ロビーも同様で、人でにぎわっているというよりもひとがまばらで静かな印象を受けます。
 冬場が観光シーズンだと聞いていますので、オフシーズンだからという事でもなさそうです。

 空港からタクシーに乗ってホテルの移動中に見たものは、道路上の日本車の強さです。どこの都市に行っても車のメーカーは気になるものですが、ドバイの路上では圧倒的にトヨタが強い印象を受けました。(ちなみに私の乗ったタクシーはトヨタのレクサスでした)
 トヨタ以外に目に付いたのは日産、ヒュンダイ、BMWといったところです。
 
 移動中に目にする様子は、他の新興国とそれほど変わらない印象で一般的な新興国を想像すればそれほど間違いないです。

IMG_1057[1].JPG
よくある新興国の街並み。写真は奇麗に見えますけどまあまあ普通です。

 初日は、とりあえず有名なドバイモールをぶらぶらしておりました。ドバイモールはドバイで最大のショッピングモールでショッピングとアミューズメントが一体になった施設です。

「イオンモールの4倍ぐらいありそうだな」

と思ってまわっていましたが、調べてみると標準的なイオンモールが10~20万㎡でドバイモールが55万㎡と概ねの印象と変わりませんでした。

 ドバイモールも(平日火曜日の午前中だからか)それほどの人の混み具合とも感じられず、ぶらぶらしている分には快適な環境でした。

IMG_1060[1].JPG
写真だと閑散たる様子にみえますが、ほどほど人はいました。

 それよりもホテルからドバイモールへ移動する際に使ったメトロは、予想以上の混雑っぷリで日本の通勤時の車両と変わらないぐらいの混雑でした。
こちらは逆に通勤時間でもない平日の午前中なのですが、それほどメトロが移動手段として利用されてきているという事でもありますし、バスは走っているものの公共交通手段の選択肢が少なく、メトロに集中してしまうということの裏返しでもあるでしょう。
 ちなみに帰りのメトロでも混雑は変わりませんでした。

 ドバイが他の新興国の都市と異なるとすれば、それは外国人労働者の数の多さでしょう。現地のUAEの人はごく少数で、その日常生活を支える労働力となっているのは近隣のアラブ系、インド系の外国人労働者です。90%以上の住民は外国人だという統計もあります。

 ホテル、ショッピング、食事、建設業、その他あらゆる場面で外国人の労働者が働いている姿を見ると一つの都市の可能性としては十分に面白いものを感じました。

 次回は今日以降見てくる、ドバイでの貿易ビジネスの現場について報告したいと思います。 
IMG_1059[1].JPG
ドバイモールの横がブルジュハリファでした。

早朝のドバイのホテルより
小屋

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

FPnexteian2014のご案内

2014.01.07(Tue)

2月21日(金)のイベントのご案内です

fpnexteian.jpg
2年前に米国のFPAカンファレンスを模倣して

「Tokyoでも同じようなFPカンファレンスを開催しよう!」

と始めたFPnexteianカンファレンスが第3回大会を迎えました。

今年は過去最大の独立FPとして経営していく(独立開業する)のに役に立つセミナー16本

大会スポンサー 10社(過去最大)

と過去最大規模で開催することができました。

あとは来場者の皆様に過去最大の人数でご来場いただくだけとなってます。

来て、観て、懇親して、損はしませんのでよろしくお願いします。

一年間きっちりと準備してきましたのでよろしくお願いします。



無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る