小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

先日、勉強会に参加したところ日本版スチュワードシップについての
解説をお聞きすることができました。


私自身も安倍政権の「成長戦略」の一つである、この施策について
あまり深く調べたこともありませんでしたので、理解するのに良い機会でした。


これは、英国にあるスチュワードシップ・コードをそのまま模倣して
持ち込んだものですが、その成立の過程には大きな差があります。


本場の英国では、1991年から20年間程度にわたって機関投資家が各株式を保有する
企業に対してどのように対話して、ガバナンスに関与していくかということが
繰り返し議論されています。


そうした議論を積み重ねたうえで、特にリーマンショック後の株主責任を
問われることになった際に、より一層のコーポレートガバナンスの議論と
株主責任(特に機関投資家)の議論が起こり、
こうしたスチュワードシップコードに収斂されてきたものです。


一方で日本の場合には、今回の早期成立には安倍政権の「成長戦略」の目玉
として機関投資家による、上場企業への働きかけを強めることで、上場企業の
長期的・持続的成長を高める期待を作り出す為の制定です。


もちろん、こうしたコードの制定は全体の考えで言えば、歓迎すべきことですし、
投資家にとっても、こうした取り組みを通じて企業の成長と株価の成長が
促されるようであれば大きなメリットのある話です。


問題は、英国では各機関投資家業界が自主的にガバナンスの議論を通じて
策定した(倫理)コードであることに対して、日本では金融庁が用意した
検討会での議論を通じて策定された官製に近いコードである。


という差にあります。


つまり実際の機関投資家の現場で、こうした倫理コードがうまく機能するかどうかは、
あくまでも各機関投資家の自主性にゆだねる部分が大きいということになります。


英国でも2010年から始まった試みで、これが本当に長期的な企業の成長を促す仕組みなのかどうか
については、まだまだ検証中で結論は出せない状況です。


日本においても、まずは機関投資家のまともな姿への第一歩として多いに評価したうえで
個人投資家は自らがお金を預けているしている「投信会社」「保険会社」などの実際の行動
を注視し、場合によっては声を上げていくことが、日本の場合のスチュワードシップコード
の実行力に大きな影響を与えるものだと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

投資クラブの終焉

2014.09.16(Tue)

1677.gif

前回、主宰している投資クラブの記事を書いたばかりなのですが、どうやら「投資クラブ」の新規発足は難しそうです。


「投資クラブの新規口座開設の受付終了について」

ということのようです。

これまで実質、投資クラブの口座開設に応じていたのは大和証券だけだったようなので、これは痛手です。

また、これまで投資クラブの支援をしていたNPO法人のエイプロシスでも「事業報告」の中で


本法人といたしましては、設立以来の主力事業の一つとして、投資クラブの普及に取組んで参りましたが、今般、投資クラブ名義の証券口座の新規開設が事実上困難となったことから、次のとおり対応することとします。 
新規投資クラブへの相談員派遣については、投資クラブ名義の証券口座の開設が相談員派遣の条件となっていることから、終了します。

と新規口座開設が事実上困難になったと報告しております。


土曜日に出席したFP学会では

「投資クラブ」のような存在が、個人投資家の育成には重要だ

と主張していた大学教授もいましたが、現実は非常に厳しいものです。


どこか中小の証券会社で「投資クラブ」口座開設を再開してくれるところは無いでしょうか?

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

これまでこのblogの中でたびたび私の主宰する「投資クラブ」で検討をしている銘柄をご紹介してきました。

今回は現在のパフォーマンスを公開したいと思います。

これが現在のポートフォリオです。


portfolio.jpg


各銘柄に対する現状の認識を一言コメントします。

三井物産

円安の効果と自社株買いの効果が市場に評価されて上昇

三菱商事

三井物産と内容はあまり変わらないはずだが、それほど評価されていない。今後に期待

インテージ

地味な銘柄だが、年々の成長に期待

平安レイ

地味な銘柄だが、葬儀産業は日本の成長産業

アドバンス・レジデンス

都心の不動産(住宅)価格の上昇を素直に取り込む

T&K TOKA

円安の恩恵を十分に受ける

高速

地味な銘柄だが着実な成長を遂げている

はせがわ

消費税増の反動が想像以上にきている。現在ウォッチ中

コシダカホールディングス

本業のカラオケ事業の売り上げ推移に注目

トリドール

国内の既存店売り上げの回復と、海外進出が評価されている

夢真ホールディングス

業績は急成長中だが、株価もそれなりに高い

第一実業

円安効果を素直に織り込む


こうした株式ポートフォリオを組んでいると、やはり想定通りに進む銘柄もあれば、
期待外れの銘柄も出てきます。


当たり前ですが、そのためにポートフォリオを組んで銘柄分散をしているわけです。


このポートフォリオは、毎月の積立の中で構築してきているので、年率で言えば10%以上の
パフォーマンスを上げています。


パフォーマンスだけ考えれば恐ろしく上出来な部類だと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ソルトレイクシティ訪問報告の第4弾

これで最終回にします。

メインはNAPFAカンファレンスに参加してきました。

NAPFAとは、米国のFee-Onlyアドバイザーの会員組織で
FP,FAの中でも、コミッションに頼らない、Fee収入だけで経営をしている事業者の集まる団体です。

NAPFA
こちらは、オープニングの会長の挨拶

NAPFAのカンファレンスは、昨年に続き2回目の参加ですが、これまで参加していたFPAのカンファレンスよりも小規模です。

FPAのカンファレンスが派手なのに比較すると、NAPFAのカンファレンスは質実剛健な印象です。

カンファレンスのプログラムの中で、私が特に印象深いのは

プライマリー(初級者向け)の講座が充実していること。

具体的には

・ビジネスモデル
・コンプライアンス
・システムやIT
・マーケティング

などFP初心者(開業者)が、知っておいた方が良い基礎知識を身に着ける講座があります。

日本の場合には、まだまだこのようなFP開業者向けの、研修や講座が見当たらないので、そのあたりを私も参加しているFP技能士会の活動で展開していきたいと思っています。

20140514_181021231_iOS.jpg
スポンサーの展示会場はこんな感じ。

やはり一番多いのは、FPに知ってもらって、クライアントに推薦してほしいという意味で

・ファンドマネジメント会社

が多いです。

他には、FP自身が利用するソフトウェア(ライフプラン作成やポートフォリオ提案、管理など)の会社が続きます。

NAPFA 
最終日は、ホテルの庭で、懇親食事会。

ソルトレイクの涼しい気候の中で、米国のFPの皆さんとFP談義をするのは刺激的で楽しい時間でした。

来年は、サンディエゴでの開催ということですので、興味のある方は一緒に行きましょう。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る