小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

昨年から、ご相談に乗っているお客様について、今回不動産ローンの借り換えをすることになりました。


このお客様の場合には、相続対策として資産管理会社を設立し、個人所有の不動産を法人所有にして

「所得税」「相続税」

を削減することが本質的な対策であったのですが


個人所有の不動産を法人に売却する際のローンの借り換えで

現状の金利

2.5%(変動金利)


1.5%(10年固定金利)

と昨今の低金利の影響を受けて1%もの金利が下がることになりました。


試算をしてみると借入額5,000万円で、残年数15年程度の場合、金利が1%削減されると、トータルで500万円程度の金利削減効果につながることがわかりました。


今回は、ローン借り換えを主目的としてはいなかったので、想像してない部分で、大きな副次的な効果がありました。


ブログ読者の皆さんも、資産運用も良いですが、自分が借入している額が数千万あるようであれば、現状の低金利下では、金利の見直しをした方が簡単に数百万円の効果が産まれるかもしれませんよ。


ちなみに上記のお客様は、これだけのコンサルティングを30万円で提供しているので

我ながら

良心的だなぁ

と思ってます。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

資産運用の相談に来られるお客様の中からの質問の一つとして

「何か読んだ方が良い本はありますか?」

という話をいただきますので、本日は本の紹介です


私の方で、個人が資産運用を始める前に読んだ方が良いと思う本を3冊ご紹介します。



kimura.jpg

こちらは、資産運用を始めようと思う方に1冊で網羅的にすべての考え方が書かれている良書です。

著者本人は日本新興銀行がらみで問題がありましたが、だからと言って本に書いている内容まで否定されるものではもちろんありません。

資産運用よりも、まずは家計を見直したり、自分の仕事についてきちんと考えたりする方が大事と、資産運用に取り組む前にやらなければいけない作業についてもきちんと整理されています。


私も普段、資産運用の相談を受けますが、こうした資産運用の取り組み以前の行動がきちんとできない人には、資産運用そのものもお勧めするものではありません。

やはり普段の行動と、活動がきちんとできる人が、投資の世界でも自立と規律を守って上手に運用できるものです



kyu.jpg

邱永漢は私の好きな作家のひとりです

書いている内容についてきちんと実践をして、実業家としても成功した方ですので、内容についてもとても実践的

お金だけではなく人生の哲学についてもきちんと学べます

私が人を判断する材料の一つにも

「邱永漢の本に書いている内容をきちんと実践している人か?」

というものがあります。

つまり、お金だけ持っていれば良いという人は、人から信用されず人から信用されなければ、やはりそれはダメだという事ですね

類書として「お金の原則」も良い本です。
こちらはこれからお金を貯めて、資産運用をしたいという人向け



tachibana.jpg

橘玲の本もたくさん種類がありますが、資産運用に関わるオーソドックスな本はこちらです。

①で紹介した木村剛の本にもつながりますが、資産運用のことを考えるのには、資産運用のことだけ考えているのではだめで

仕事

生活

税制

などあらゆる方面で、多面的に人生設計を検討していかないと、上手く行かないということがわかります。

そういうあらゆることを考えるのは面倒だという人は外部にアウトソースして考えさせるなどしないとやっぱり上手く行かないと思います。


これら3冊の本を読んで、書いてあることを少しづつ実践するだけでも、資産運用で失敗しない生活を送れるようになるはずです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る