小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

毎年のように発表される「骨太の方針」

今年も5月18日に素案が発表されました。
さっそく読んでみました。


確か昨年も同じような記事は書いていたのだと思います。
http://www.okuchika.net/?page=2&cid=36


昨年は、内容が無い割には

「イノベーション」「KPI」「インセンティブ」「エビデンス」

といったカタカナ用語が飛び交う資料となっており、これでは全く機能しないなという話を書いたところです。


今回発表された方針も、昨年同様にあまり内容が無い資料に出来上がっています。


本来であれば、このような方針は過去2~3年に立てた計画の振り返りと反省があって作られるのが一般常識だと思っていますが、政府の方は、反省することが苦手なのか、アベノミクスについての評価というものをきちんとせずに、また新しい計画を立てているという印象です。


企業活動に例えれば、毎年中期経営計画を前年までの反省もなしに、新しく作り直す作業をやっているようなものです。


また、昨年までは一応形ばかりは2020年の財政健全化に向けたアプローチが記述されていましたが、今年はそれも消えてしまいました。


これは、計画が未達に終わりそうであれば、こっそりと話題に触れなくしてしまうという、ヒドイ企業でも良くありがちな事を政府がやっているに他なりません。

こういうことをこっそりとやる企業は、お分かりの通り投資家からは見放されて株価も下落していくものです。


日本の政府も、この方針を発表することで、投資家の落胆を招き、(政府の)評価が落ちていく様子が目に浮かびます。


この後は、政府の出すどうしようもない方針を、マスコミ各社がどのように評価し、批評していくかということを確認するのが今のマスコミにどれだけ判断する力があるかという事を確認する作業になりそうです。


残念ですが、当面、政府主導での明るい展開は期待できなさそうです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

スリランカで観てきた、観光と投資の可能性

2016.05.16(Mon)|カテゴリ:旅行,|カテゴリ:資産運用

前回のスリランカ報告に続き2回目。


今回はスリランカの一つのメイン産業

「観光業」で見てきたものをご報告します。


今回観てきたのは

Asia Capital plc

という現地企業が開発しているリゾートホテルプロジェクトを数か所周りました。


Asia Capital plcは現地資本の企業ですが、日本人が役員に複数名就任しており、日本人との協働プロジェクトを進めている企業体です。

コロンボ株式市場に上場しています(ACAP.N0000)

金融業を中心としたコングロマリットですが、最近はリゾート事業に力を入れています。


今回見学したのは

【完成済み】
(サイトもぜひご確認ください)

shinagawa beach

20160415_101710615_iOS.jpg


Taprobana

20160417_011240933_iOS.jpg


この2つのホテル

2つとも客室数は26~27室で、この程度の小規模なサイズが運営上難しくないそうで、現在のところは、このサイズの開発を進めているとの事

特に、shinagawa beachは、

small luxuary hotel

として認識されているようで、大体1泊3万円程度の宿泊単価でした。

現在、shinagawa beachは、年間1億円程度の利益が出ているそうで、コロンボ株式市場ではこの利益ベースでもすぐに上場可能だという話でした。


ところで、shinagawaという単語からもわかるように、こちらのホテルは土地と建築費で約4~5億円の投資金額だったそうですが、このうち1.4億円程度を日本の品川さんが個人で出資されているプロジェクトです。

このようにAsia capitalのリゾート開発の多くは、日本の投資家と共同出資で進めることが多いそうです。

先程の2件目のTaprobanaは、愛知県の複数企業家との共同出資という話でした。


【開発中】

開発中のプロジェクトとして見学してきたのは

Kosgoda

Mirissa Beach

の2か所を見学してきました。

特にKosgodaは、今年中にオープン予定ということで、建物も半分程度は工事が進んでいました。

20160416_044309676_iOS.jpg

Asia capital の説明によると、こうしたリゾートホテル開発のプロジェクトは

エクイティIRRで16%程度と、投資としては魅力的な水準に見えます。


小屋個人の印象としては、現在のスリランカは、2000年代初頭のベトナムと似た雰囲気を感じました。

つまり、国家としての勢いはあり、個人も国の成長を疑わずに意欲的でした。


投資としては、個人レベルであれば、個々のプロジェクト案件に投資をするよりも
株式市場もありますので、証券投資を通じても十分に成果を上げられる市場なのではないかと思います。

スリランカにはとても魅力を感じましたが、一方で世の中、安易な投資案件や、儲かる話はないので、十分に検討は必要だと感じました。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る