小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

久しぶりの銘柄研究です。

今回取り上げるのは、株式会社アトラエです

私の所属する、投資クラブでは珍しく新興市場(マザーズ)の今年IPOした銘柄です。

これまで購入してきた銘柄はバリュー観点で選ぶことが多いのですが、この銘柄に関してはグロース株として判断が求められることになります。


アトラエ社はIT企業×人材紹介ビジネスで、イメージとしてはエン・ジャパン社やインテリジェンス社がやっている人材紹介ビジネス、転職支援ビジネスを

IT技術者
サイトでのマッチング

を中心に展開している企業です。


それでは、ここでいつもの通りこれまで投資クラブで重視している企業選択の4つのポイントを確認してみましょう。


・売上に対する粗利益率、当期利益率が高い会社
・財務的に安定している会社
・ROEが高い会社
・多額の設備投資が必要でない会社


の4点を投資クラブでは重視しています。


1.売上に対する粗利益率、当期利益率が高い会社

 売上高     837百万円
 売上総利益   821百万円(98.1%)
 当期利益率    94百万円(11.2%)

 です。
 
IT企業なので、原価がないものですから売上総利益率が高いのは当たり前です。

問題は当期利益率ですが、IT企業の主な経費は人件費になりますので、今後売り上げが伸長すれば、当期利益率は改善していくものと思われます。

ちなみに直近の平成28年6月の第3四半期決算では

 売上高     932百万円
 売上総利益   917百万円(98.4%)
 当期利益率   175百万円(18.8%)
 
と利益率の向上も見られます。



2.財務的に安定している企業

自己資本比率は上場後81.7%となり、IT企業として自己資本が十分な状態です。
まだまだ資本勘定そのものが薄いので、今後の企業経営次第だという感じです。


3.ROEが高い会社

平成27年9月期のROEは28.0%です。
過去の数字を確認すると
 
平成24年9月  74.4%
平成25年9月  38.4%
平成26年9月  34.4%

と年々減少傾向にあるように見えます。

しかし、これは資本があまりにも過少であったために、過去はROEが高く出ていただけで現状の20~30%台が実力相応でしょう。

もちろんROEの水準としては高く評価できる水準です。

他には、新興企業にしてはめずらしく、過去5期に渡り継続的に黒字で決算を迎えているのも高く評価できる企業だと思います。


4.多額の設備投資が必要でない会社

IT企業なので、基本的には設備投資はないはずです。

投資といえば、人件費と事務所に対する投資ぐらいしかないはずです。

その意味では、販管費の増減に注意を払う必要はありますが、現状では売り上げが上がるほどには販管費の増加は見受けられません。


5.株価

現在の株価は8680円(8月17日現在)、予想PER47.01倍、PBR12.04倍という水準です。
新興IT企業ですので、一概にPERやPBRで株価水準を判断するのは難しいものがあります。

そこで、ここではPEGレシオを参考にします。

PEGレシオとは、PERをEPSの成長率で割った数字で、アトラエの場合は

平成27年9月    EPS  55.19円
平成28年9月(予想)当期利益 85.43円(54.8%増)

なのでPEGレシオは

47.01÷54.8=0.85

となります。

PEGレシオは一般的に1を割ると割安と判断しますので、現在の株価水準は成長性から考えるとまだ割安水準にあるのではないかと思います。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ダイエットと資産運用

2016.08.02(Tue)|カテゴリ:資産運用

今回のお話は、資産運用とダイエットの共通点について

ダイエット

私は、2008年に創業して約8年たちますが、昨年までの7年間で、運動不足もたたり約10キロほど体重が増えてしまいました。

年間算で1.4キロペースで増えてしまった計算になります。

ちょうど1年ほど前の夏に、

「このままではマズイ、健康にも良くない」

とダイエットすることを決意しました。


ただ、当たり前ですが、この7年間の間にも

「健康的に、痩せたいなぁ」

という思いは、ずっと抱えていたわけです。


しかし、今回は具体的に

・ジムに通って
・専用のトレーニングコーチを付ける

ことで、約半年間で9キロほど減量し、そして現在もトレーニングを継続しており、もちろん(今のところ)リバウンドはしていません。

トレーニング

さて、このダイエット・トレーニングの話と資産運用のどこに共通点があるのでしょうか?

両方とも取り組んだことがある方には、実感できると思いますが、資産運用もダイエットも実際に取り組む作業はとてもシンプルです。


資産運用では

・きちんと国際分散投資をして
・長期でリバランスをしながら管理保有する

だけで安定的な資産の成長は可能です

ダイエットでは

・トレーニングで基礎代謝を上げ
・食べるものを適切に管理する

だけである程度の健康的な減量が可能です


両方とも2つぐらいの注意点をきちんと学んで、実行できればちゃんと成果の上がる取り組みです。


では、多くの人がダイエットや資産運用が上手く行かないのはなぜでしょう?

これも単純な理由で、上記の2つぐらいのルールが自分できちんと守れないからです。


今回、ダイエットに取り組んだ私自身も、自分でこのルールが守れないことがわかっていたからこそ、トレーニングコーチを付けて、そのルールを守ることできちんとした成果が得られました。


資産運用でも、自分でルールを守ることができない人は、きちんとしたコーチやアドバイザーを付けることで、ルールを守って成果を出すことができるのだと思います。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る