小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

ホーチミンのイオンモール見学

2016.10.29(Sat)|カテゴリ:旅行

今週は、シンガポールとベトナムホーチミンに出かけていました。

中でもホーチミンでは、日系では人気があると聞いている

「イオンモール」

の見学に行ってきました。

イオンモール タンフーセラドン店

20161025_020951600_iOS.jpg
20161025_030109101_iOS.jpg

ベトナムには今のところイオンモールは4店舗展開、その中でホーチミン市内には、3店舗展開していますが、その中でもタンフーセラドン店は2014年1月に開業と一番古いお店になっています。

行きは、タクシーで

場所は、国際便で利用するタンソンニャット空港のほど近く。
市内の中心地から行けばタクシーで40分程度です。
ちなみに値段は20万VNDぐらいでした。(1,000円程度)

メインのテナントは、もちろんイオン(スーパーマーケット)

こちらでは、

1階が食料品、医薬品、お酒
2階が化粧品、衣料品
3階が家電

といった構成で、中でも食料品は品ぞろえや品質は圧倒的に市内の他のお店よりも優れていましたので、値段をそれほど気にしない外国人や日本人にとってはこちらが人気があるのもうなづけます。      

20161025_021426793_iOS.jpg
20161025_021912564_iOS.jpg

衣料品に関しては、市内の一般的なお店よりは少し高く、高級ブランドではないという、中庸の製品を集めていて、見ている感じではターゲットが少し難しい気がします。

安いもの好きの外国人や日本人、あるいはちょっと高級志向のベトナム人というところがターゲットになると思いますが、はたしてそれが現地では多数派なのでしょうか?

家電については、品ぞろえもそれほど目新しさはなく、市内の家電販売と明確な差はなさそうでした。


その他の一般テナントとしては、普通に

アパレル
雑貨
飲食

が中心ですが、中でも飲食店はやっぱり面白い。

テナントで入っている飲食店としては

ロッテリア
吉野屋
ペッパーランチ
丸亀製麺
NIJUMARU

など、日本でも良く見かける飲食店が多く見られました。

私も、以前から株式分析でも報告していた「丸亀製麺」のお店が確認できてよかったです。

20161025_031933226_iOS.jpg

こうした、日本企業のテナントが多く入っているのもイオンモールの特徴で、日本人や日本好きのベトナム人がターゲットなのでしょう。

一方で、フードコートに入っているテナントは

名古屋メシ
お好み焼き

ぐらいが日本食で、その他のテナントは現地のテナントが入っています。

現地の人にとっては、フードコートの値段が、普段よりちょっと高級な食事に当たるぐらいでしょう。

今回は、見学しませんでしたが、その他のエンターテイメントとして

映画館
ボーリング
子供向け遊び場

もあり、日本のイオンモール同様に、行けば半日~1日遊べる場所に仕上がっていました。

私が訪問したのは平日の午前中で、人の混雑度で言えば空いている時間帯でした。

次回は、土日に訪問してみたいと思います。


シンガポールの話題は、次回の記事でご報告します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

株のもうけはガマン料

2016.10.12(Wed)|カテゴリ:資産運用

僕の大好きな投資家、邱永漢の残した言葉に

「株のもうけはガマン料」

という言葉があります。

pose_namida_koraeru_woman.png

株式投資の経験が長い皆さんは、もうご理解されていると思いますが、株式投資は必ずしも思うようには行かないものです。


それでも、一番平均的で簡易に儲けやすい方法として、私は世界中の株式と債券にインデックスで分散投資をして、中長期的にリバランスをしながら増やしていく方法を、投資初心者の方々には推奨しています。


そうした分散投資を行う場合でも、投資を始める段階で基本的な

リスク(標準偏差)
長期的に期待されるリターン

を基に、5~10年の時間の経過とともにゆっくりと資産を成長させていく方法をご説明しています。


しかし、冒頭に書いたように

「株のもうけはガマン料」

なのです。


ガマンができない人たちは、運用を始めて半年、1年で期待していた成果が出ないと、もうすぐに投げ出したくなります。


株式は、上がったり下がったりを繰り返しながら、時には2年も3年も辛抱を重ねなければ行けない時期もあるんです。

例えば、最近でいうと2010年~2013年ぐらいまでは、

「日本株はずっと横ばいだし」
「欧州債務危機ということで株式は上がらないし」
「ゆるやかな円高なので外貨建て投資も上手くいかないし」

という状況が2~3年続きました。

この時期を辛抱強く耐えて、きちんとポジションを保ち続けた人が2013年からの株高・円安の恩恵を十分に受け取れたのです。


現在の状況はこの時期に比べると大したことないと思うのですが、こうしたつらい時期に、しっかりと辛抱できる人だけが資産を増やしていくことができるということを投資家の皆さんはもう一度確認してみるとよいと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る