小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

シンガポールの街中散策しながら感じたこと

2016.11.13(Sun)|カテゴリ:旅行

先週のベトナム、ホーチミンのイオン見学に続いて
シンガポールの街中散策の報告です。

今回は同行の旅行者(母親ですが)の希望で屋上プールで有名な

マリーナベイサンズに宿泊しました。
https://jp.marinabaysands.com/

20161022_225938498_iOS.jpg


マリーナベイサンズは、ラスベガスで有名なベネチアンなどの
カジノ経営しているラスベガスサンズの展開しているリゾートカジノホテルです。

カジノの経営が中心で、それにホテルやショッピングモール、コンベンションセンター
シアター、レストランなどの総合リゾートとなっています。

今回は、当たり前ですが、ホテルに付随する施設も見てきました。


まずは、ショッピングモール

大きさも巨大で、歩き回れば3~4時間はかかりそうです。
主に世界中の有名ブランドが入っています。

しかし、3日間ほどいましたが、正直お客はまばら。
一番お客が入っているのはフードコートという有様です。

つまり、有名ブランドは、世界中のどこでも同じ商品だし
値段も変わらないので、あえてシンガポールで購入する理由が
見いだせないのだと思います。

20161022_234249478_iOS.jpg


ということで、私も主にレストランとフードコートしか利用しませんでした。


シアターも、何か上演はしていましたが、そこまで人気という感じもしません。

そして肝心のカジノですが、こちらもお世辞にも賑わっている感じは
ありませんでした。

20161022_234256649_iOS.jpg

つまり、ホテル以外の施設からは、それほどの賑わいは感じられませんでした。


マリーナベイサンズ以外の商業施設はどうでしょうか?

オーチャードと呼ばれるショッピングエリアにも繰り出してみました。
大型のショッピングモールや百貨店などが立ち並ぶエリアです。

ここでも感じたところは同じ。

大型のショッピングモールや百貨店は、入っている有名なブランドもほぼ
同じで、あえてここで購入する理由がみつかりません。

20161023_023142691_iOS.jpg

唯一人がにぎわっているのは、ラッキープラザという地元の労働者向け
(聞いたらフィリピン人がほとんどらしい)の商業施設

ここだけは、嘘みたいに混雑していて、現地の人で賑わっていました。

20161023_030330264_iOS.jpg

結論でいうと、旅行者としての視点だけでいうとシンガポールは
観光や飲食という点ではもちろん及第点ですが、ショッピングという点では
世界中で同じものが(ネットも含めて)手に入るという環境下では
あえてショップに誘導するというのは難易度が高いし、実際あまり上手く
いっていないのではないかと感じられました。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る