小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

先日、web上で経済産業省の資料として

「暮らし」分野での新たな飛躍に向けて

という資料を見かけました。

資料の作成者は、ヤフーの安宅和人さんという役員でチーフ・ストラテジー・オフィサー(CSO)だそうです。

この資料の冒頭では、日本の経済状況の現状についてしっかりと認識するスライド構成になっています。

1ページ目
日本の一人当たりGDPは世界26位で、1960年と同じ水準

1.jpg


2ページ目
GDP全体は、米国、中国に続く3番目だが、5年後にはドイツに抜かれそう

2.jpg

3ページ目
名目GDPは、米国はこの14年で69%成長、日本は-4%成長
3.jpg

4ページ目
中間層の所得も米国は14年で28%増加、日本は15%減少
4.jpg

5ページ目
日本は、特に最近5年間での一人当たりGDPの低下が激しい
5.jpg

6ページ目
一人当たりGDP上位30か国の中で見ると2000年以降は一人負けに等しい状態
6.jpg

であると、これでもかってぐらい、近年の日本における厳しい経済成長の様子を確認しています。

「アベノミクスで景気は良くなった!」

と国民が本気で思っているかどうかはわかりませんが、海外から見ると大幅な円安の影響もあり、日本の経済の地盤沈下はとどまるところを知らないように見受けられます。

こうした、現状をきちんと把握することは、何においても重要なことです。

資産運用に置き換えると、この30年(1987年2月~2017年2月)のパフォーマンスはトータルで

日本債券 177.5%
日本株式 23.7%
外国債券 360.6%
外国株式 873.0%

という結果になっています。

7.jpg
(資料:my indexより)


資産運用では、過去のパフォーマンスは、未来のパフォーマンスとは関係ないと言われていますが、今後も名目GDPが増加しない日本国内での資産運用は、なかなか難しいと思われます。

もちろん、私としては、これからの運用においては、外国株式や外国債券にも分散して投資することをお勧めします。

何よりも、現実を直視して今後の対応策を考えるというのは、何においても大切だと安宅さんの資料をみて思った次第です。

経済産業省の人たちも、もちろんわかってはいるんだと思いますが。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先月20日に、JPMアセットマネジメント社から

「2017 Long-Term Capital Market Assumptions」

というレポートが発表されました。


このレポートは各種投資家からとても人気のあるレポートのようで、中長期的な(JPMの)各資産クラスの予測が掲載されています。

レポートの要旨としては

・世界のGDP成長率は、先進国の高齢化と生産性の伸び悩みにより過去よりも低くなり、その結果として金利も低位になってくる

・まだまだ中央銀行の非伝統的金融政策は、しばらく続きそうで、国債のリターンが現預金とあまり変わらない状態となっている

・株式のボラティリティは高まる。債券では社債は堅調、実物資産も堅調

・株式、債券の伝統的資産によるポートフォリオの期待リターンは低下する
 
・期待リターンを高めたい投資家は、オルタナティブ投資について検討する必要がある

という内容でした。

普段、様々な人の相談に乗っているわけですが、保有する金融資産についてきちんとポートフォリオを構築して、維持管理していくといったアプローチを取っている人にはほとんど出会うことがありません。


また、レポートの中では各資産の円ベースでのリスクとリターンも掲載されています。
これをみると資産の中では

リスクリターン.jpg

新興国株式が おおよそリターン8% リスク25%

でハイリスクハイリターンな資産になっています。

先日もご相談に来られた方は、どう聞いても怪しげな金融商品に手を出していましたが、オーソドックスな金融資産の中では、これが最も期待リターンの高い資産だという事を理解していればwebで流れてくるような、金融詐欺のような広告に騙されることもないような気がします。




無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る