書評の最近のブログ記事

前回の「ライフ・シフト」の続きです。

lifeshift.jpgのサムネイル画像

この本の中でもう一つ興味深かった話は「無形資産」についてです。

「有形資産」については、もちろん私たちFPの得意とするところです。

つまり

不動産
有価証券
現預金

など通常資産と考えられているもののことですし、そうした資産を如何に効率よく形成、保有していくかということのコンサルティングが、まさしくFPの本業であるところです。

「有形資産」についても、今後100年人生と長寿化が進む中で、より合理的に判断をしていかないとこれまでと同じ感覚では、維持できないということも記述されています。

一方で「無形資産」はこの中では

1.生産性資産
所得を増やすのに役立つ要素

2.活力資産
肉体的・精神的な健康と幸福のこと
健康、友人関係、パートナーや家族との人間関係など

3.変身資産
世の中の変化に合わせるのに必要な資産
自分のことを良く理解していること、多様性に富んだ人的ネットワークを保有すること
新しい経験に対してオープンな姿勢など

の3つに分類されていて、これらは「有形資産」同等に重要なものだと位置づけられています。

もう少し詳細に見ていくと

1.生産性資産

①スキルと知識
どのような知識が価値を持つのか?
何を、どのように学ぶか?
経験学習の必要性

②仲間(仕事でのチーム)
周りの人の重要性

③評判
評判はどのように形成されるか

2.活力資産

①健康
脳の機能を維持する
バランスのとれた生活

②友人関係
自己再生に必要な友人

③人生のバランス
仕事・友人・家族のバランスは常に一定ではない

3.変身資産

①移行期を経験すること
社会的な環境変化を経験すること

②自分についての知識
アイデンティティがしっかりしていないと変化に翻弄されてしまう
内省することが重要

③多様性に富んだネットワーク
変化によって付き合う人間が変化する
誰を知っているかが重要

④新しい経験に対してオープンな姿勢
既存の行動パターンを変化させる勇気

というものが、長期的な人生の中で「有形資産」とともに重要視される要素になります。

これまでのFPの経験でも

1.生産性資産
2.活力資産

などについて断片的にアドバイスすることはありましたが、こうして整理した状態で、クライアントに可視化して説明するところまではできていません。

今後は読者の一人一人が、こうした「無形資産」についても「有形資産」同様に整理し、棚卸し、形成していくお手伝いをしていきたいと思った次第です。

書評~LIFE SHIFT~100年人生

昨年から、「ライフ・シフト」という本が話題です。

lifeshift.jpg

著者は、リンダ・グラッドンというロンドンビジネススクールの教授で、日本でも「ワークシフト」などがヒットした著者です。

そこで、Kindleで購入して(最近書籍は重たいので、電子図書で買います)読んでみました。

本日は、その書評です。

FP(ファイナンシャルプランナー)の目線で見れば、ライフシフトの問題意識である「長寿化」は一つの驚きでした。

本の中では、これからの人は100年(今生まれてくる子供たちは107年)ぐらい生きるのが当たり前になるという話から始まります。

我々も、よくお客様から

「何歳まで生きる前提でライフプランを考えておけば良いでしょうか?」

と聞かれます。通常は日本人の平均寿命である

男性 81歳
女性 87歳

を念頭に置いて

「男性であれば90歳程度、女性であれば100歳までのプランニングはしておきたいですね。」

と答えているのが現状です。

それが、平均で100歳、長く生きるとすれば110~120歳ぐらいを想定しておかなければいけない時代になってきたという話です。

つまり、60歳や65歳をリタイアと考えていたら、リタイア後の人生が50年近くになってしまう時代がすぐにやってくるという話になります。

そこで、この本では、これまでの時代が

教育(20代まで)⇒仕事(60代まで)⇒引退(60代以降)

の3つのステージで説明できた人生モデルは崩れて

・エクスプローラー(探検者)
・インディペンデント・プロデュサー(独立生産者)
・ポートフォリオ・ワーカー

という新しい3つのステージを、人生のどこかの段階で追加していく生き方が新しい人生モデルになりうるという予測です。

つまり、リタイア後に年金を当てにして老後を暮らすという人生モデルは崩壊し、80~90歳代まで様々な形で社会に寄与しながら、収益をあげながら暮らしていくことが新しい時代では求められそうです。

これは旧来モデルで、お客様に説明をしてきたFPにとっても画期的な変化が必要な転換点になる本だと思いました。

次回は、こうした新しい人生モデルを考えるのに不可欠な

「無形資産」

について、書籍の内容からご紹介していきたいと思います。

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS