お客様の声

お客様の声(鈴木様)

老後のお金のことは、とにかくなんでも相談しています。

鈴木 庄一様、初子様

鈴木 庄一様(66歳)、初子様(66歳)は、東京近郊にご夫婦でお住まいです。
庄一さんは元・大手電機会社勤務で、現在は定年退職。初子さんは、専業主婦の傍らフリーランスの人材開発コンサルタントとして活躍。お二人の共通の趣味はゴルフで、月に1~2回、ラウンドを回っています。

※お名前は仮名。設定も一部変更してあります

とにかく相談

鈴木様はマネーライフプランニングにどんな業務を依頼していますか。

ご主人マネーライフプランニング、というか梶原さんには、ウチのお金の世話を全部、頼んでます。

奥様この間、クルマの買い換えでディーラーの人と商談しているときに主人が「クルマ、買って大丈夫かな?」と聞いてくるので「梶原さんが良いって言うなら、良いわよ」と答えたら、主人がその場で梶原さんに電話して「買ってもいいかな?」って聞いて、で、許可が下りたので買いました。
ディーラーの営業の人も、びっくりしてました(笑)

退職金の相談から始めた

お二人が「老後のお金」について、真剣に考え始めたのはいつ頃からですか?

ご主人定年間際、58歳とか59歳とかです。僕は昭和28年生まれで、団塊のその次の世代。現役の頃は「今がすべて」と思って、毎日がむしゃらに働いて、お金のことは考えなかった。でも、まあ、定年が近づけば、やっぱり気になるわけで。

奥様私も同じ頃からです。お友達と「もうすぐ主人が一日中、家にいるのよ、や~ね~」とか話しながら(笑)。そんな頃、ご主人を亡くされて今は一人の友達が、お金のことは全部、梶原さんに相談していると聞きました。その人が推薦するなら大丈夫と思って、一度、話を聞くことにしました。

ご主人そのときは差し迫った話もあった。退職金を「一括」と「年金方式」のどちらにするか、年金方式なら毎月いくら受け取るのか、それを会社に届ける必要があった。その辺のアドバイスがもらえるなら助かるな、と思いました。


第一印象

話を聞いて、どんな印象でしたか。

奥様私は、さすがお友達の推薦だけあって、本当に親身に、友達みたいに相談できる素敵な方だと、嬉しくなりました。

ご主人僕は、「話はしっかりしてる。でもビジネスライクじゃない」「銀行の人と違う。新鮮だな」と思いました。

お金じゃなく、人を見ている

「銀行の人と違って新鮮」とは具体的に?

ご主人銀行って「堅実・紳士的な」イメージがありますが、僕は会社員時代に、仕事で銀行と接する機会が多く、その経験から言うと、いい時はけしかけて、悪くなったらそっぽを向く。なかなかエゲつなかった。

結局、みんな「会社員」だから、こっちの事情より、会社の方針や上司の指示が優先する。彼らが関心あるのはお金であって、私たちじゃない。

でも梶原さんは、お金じゃなく「人」を見ていた。そこが良いなと思って、その後も何度か、お金の相談をしました。いつも、しっかりした答えが返ってくるし、親身だし、話しやすい。だから梶原さんが会社を辞めて、マネーライフプランニングのメンバーとして活動しはじめた後もずっとお願いしています。
(※ 注:当時、梶原は生命保険会社に勤務)

今や、家内が言うように「クルマ買っていいかな?」なんて相談するくらい、ベッタリです(笑)。

大企業 vs 個人

梶原は以前は、大手生命保険会社の勤務でした。しかしマネーライフプランニングでは、一個人に近い動き方です。そこに不安はありませんでしたか。

ご主人そういう「大企業の方が安心」というのが、普通の感覚だとは思いますが、ことお金のアドバイスに関しては関係ないです。だって、これ、何か大きな設備とか店舗とか必要って話じゃなくて、個人だけでも十分、提供できるサービスだし。

逆に僕は、「大企業勤めのファイナンシャルプランナー」の方が不安だなあ。

方針リスク、異動リスク

「大企業FPの方が不安」とは具体的に?

ご主人いちど、梶原さんに「何で、生命保険会社、辞めたんですか?」と聞いたら面白い答えだった。「会社の方針が変わって『投資信託売るな』と言われた。でもそれに従うと、自分の顧客が助けられなくなる。なので辞めました」と言うんですね。

さすが梶原さんと思いましたが、でも、こういう決断ができる人は少ないはず。ほとんどの人は自分や家族の生活があるから、最後は会社の方針を受け入れるでしょう。そこを考えても、大企業勤務FPはかえってコワイ。その人がたとえ良い人でも、最後は味方をしてもらえない。

あと、企業には「異動」がありますし。良い人が担当で良かったなと安心してたら、あれ、異動!?みたいな。

そう考えるとFPは大企業より個人の方が良いんですよね。


考えなきゃいけないが、考え込んでもしょうがない。

いま、梶原はおふたりにとってどういう存在ですか。

ご主人この人がいるおかげで、お金で考え込まなくて済むというか。お金は大事だけど、考えるとキリがないんですよね、このままで大丈夫だろうか、果たしてこれで良いんだろうか、とか。

奥様どうせ考えたって、答え出ないし。

ご主人そう、だから最後はエイヤで決めるしかないんだけど、でも、もう定年で働いていない、稼いでいないわけだから、もしエイヤで失敗したら、けっこうキツい。 
「え!? もう通帳の残高、これだけしかないの?」みたいな。

だから、そういう「考えなきゃいけないけど、考え込んでもしょうがないこと」を代わりにアドバイスしてくれる人がいるのは助かる。そういう第三者がいれば、クルマ買う時でも「梶原さんが良いっていうなら良いわよ」と妻が許可してくれる。夫婦円満のためにも良いです(笑)

梶原よりコメント 〜 退職⾦の受け取り⽅について

退職⾦は多くの企業で「⼀時⾦受け取り」と「年⾦受け取り」を選択することができます。そして退職間際になると、どのように退職⾦を受け取るのか判断を求められます。

そこで「どのように受け取るのがベストなのだろうか︖」と悩むことになるのです。鈴⽊さんのケースもそうでした。

鈴⽊さんにはなるべく沢⼭の退職⾦が⼿元に残るよう、「税⾦」と「利回り」を考慮しながらアドバイスをしました。

  • 税⾦

    退職⾦を⼀時⾦で受け取る場合、所得の種類は「退職所得」となります。 「退職所得」は他の所得と合算せずに分けて計算を⾏う「分離課税」です。 ⻑年の勤労に対する報償的給与としてまとめて⽀払われるものでもあり、税負担が軽くなるよう配慮されています。退職所得の計算式は次のとおりです。


    (収⼊⾦額(源泉徴収される前の⾦額)-退職所得控除額※)×1/2
    =退職所得

    ※※ 退職所得控除額の計算⽅法

    • 勤続年数が20年以下の場合 40万円×勤続年数(80万円に満たない場合は80万円)
    • 勤続年数が20年超の場合  800万円+70万円×(勤続年数-20年)

    退職所得控除額の範囲内であれば、退職所得は0となり税⾦はかかりません。⼀⽅、分割で「年⾦」として受け取る場合は年⾦の収⼊⾦額に対して「公的年⾦等控除額」が適⽤され、公的年⾦等と合算されて計算されます。税⾦⾯だけで考えれば、⼀時⾦受け取りのほうが有利な場合が多いのです。

  • 利回り

    しかし「年⾦」として受け取る場合、受け取るまでの期間は会社(企業年⾦基⾦など)が運⽤を継続してくれるので 利回りが発⽣し、総額としては⼀時⾦よりも多く受け取ることが可能です。

    この利回りは基⾦によって異なり、更には市場環境によって変動しますが多くの基⾦では最低利回りを定めています。

    もし全額⼀時⾦で受け取って、普通預⾦などに寝かせておくのであれば年⾦受け取りにしたほうが有利なのです。

    仮に住宅ローン残債がある場合には、ローン⾦利との⽐較も重要なポイントです。

    結果、鈴⽊さんの場合

    50%を⼀時⾦
    50%を年⾦受け取り
    にしました。

    ⼀時⾦は、退職所得控除で⾮課税受け取りが可能な50%とし受け取った⼀時⾦でポートフォリオ運⽤を開始することにしました。

    鈴⽊さんの会社の基⾦は年⾦受け取りにした場合の利回りは、最低保証が2%と当時の元本保証型⾦融商品と⽐べて⾼い⽔準でした。 当⾯、⼤きな⽀出予定もなかった事や、今回⼀時⾦でリスクを取って運⽤を開始した事を考慮し 残りの50%は年⾦受け取りとしました。

※取材⽇時 2019年2⽉
※取材制作:カスタマワイズ