小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

タグ「書籍」が付けられているもの

前回の「ライフ・シフト」の続きです。

lifeshift.jpgのサムネイル画像

この本の中でもう一つ興味深かった話は「無形資産」についてです。

「有形資産」については、もちろん私たちFPの得意とするところです。

つまり

不動産
有価証券
現預金

など通常資産と考えられているもののことですし、そうした資産を如何に効率よく形成、保有していくかということのコンサルティングが、まさしくFPの本業であるところです。

「有形資産」についても、今後100年人生と長寿化が進む中で、より合理的に判断をしていかないとこれまでと同じ感覚では、維持できないということも記述されています。

一方で「無形資産」はこの中では

1.生産性資産
所得を増やすのに役立つ要素

2.活力資産
肉体的・精神的な健康と幸福のこと
健康、友人関係、パートナーや家族との人間関係など

3.変身資産
世の中の変化に合わせるのに必要な資産
自分のことを良く理解していること、多様性に富んだ人的ネットワークを保有すること
新しい経験に対してオープンな姿勢など

の3つに分類されていて、これらは「有形資産」同等に重要なものだと位置づけられています。

もう少し詳細に見ていくと

1.生産性資産

①スキルと知識
どのような知識が価値を持つのか?
何を、どのように学ぶか?
経験学習の必要性

②仲間(仕事でのチーム)
周りの人の重要性

③評判
評判はどのように形成されるか

2.活力資産

①健康
脳の機能を維持する
バランスのとれた生活

②友人関係
自己再生に必要な友人

③人生のバランス
仕事・友人・家族のバランスは常に一定ではない

3.変身資産

①移行期を経験すること
社会的な環境変化を経験すること

②自分についての知識
アイデンティティがしっかりしていないと変化に翻弄されてしまう
内省することが重要

③多様性に富んだネットワーク
変化によって付き合う人間が変化する
誰を知っているかが重要

④新しい経験に対してオープンな姿勢
既存の行動パターンを変化させる勇気

というものが、長期的な人生の中で「有形資産」とともに重要視される要素になります。

これまでのFPの経験でも

1.生産性資産
2.活力資産

などについて断片的にアドバイスすることはありましたが、こうして整理した状態で、クライアントに可視化して説明するところまではできていません。

今後は読者の一人一人が、こうした「無形資産」についても「有形資産」同様に整理し、棚卸し、形成していくお手伝いをしていきたいと思った次第です。

資産運用をする前に読んだ方が良い本

資産運用の相談に来られるお客様の中からの質問の一つとして

「何か読んだ方が良い本はありますか?」

という話をいただきますので、本日は本の紹介です


私の方で、個人が資産運用を始める前に読んだ方が良いと思う本を3冊ご紹介します。



kimura.jpg

こちらは、資産運用を始めようと思う方に1冊で網羅的にすべての考え方が書かれている良書です。

著者本人は日本新興銀行がらみで問題がありましたが、だからと言って本に書いている内容まで否定されるものではもちろんありません。

資産運用よりも、まずは家計を見直したり、自分の仕事についてきちんと考えたりする方が大事と、資産運用に取り組む前にやらなければいけない作業についてもきちんと整理されています。


私も普段、資産運用の相談を受けますが、こうした資産運用の取り組み以前の行動がきちんとできない人には、資産運用そのものもお勧めするものではありません。

やはり普段の行動と、活動がきちんとできる人が、投資の世界でも自立と規律を守って上手に運用できるものです



kyu.jpg

邱永漢は私の好きな作家のひとりです

書いている内容についてきちんと実践をして、実業家としても成功した方ですので、内容についてもとても実践的

お金だけではなく人生の哲学についてもきちんと学べます

私が人を判断する材料の一つにも

「邱永漢の本に書いている内容をきちんと実践している人か?」

というものがあります。

つまり、お金だけ持っていれば良いという人は、人から信用されず人から信用されなければ、やはりそれはダメだという事ですね

類書として「お金の原則」も良い本です。
こちらはこれからお金を貯めて、資産運用をしたいという人向け



tachibana.jpg

橘玲の本もたくさん種類がありますが、資産運用に関わるオーソドックスな本はこちらです。

①で紹介した木村剛の本にもつながりますが、資産運用のことを考えるのには、資産運用のことだけ考えているのではだめで

仕事

生活

税制

などあらゆる方面で、多面的に人生設計を検討していかないと、上手く行かないということがわかります。

そういうあらゆることを考えるのは面倒だという人は外部にアウトソースして考えさせるなどしないとやっぱり上手く行かないと思います。


これら3冊の本を読んで、書いてあることを少しづつ実践するだけでも、資産運用で失敗しない生活を送れるようになるはずです。

日本タイトルだけ大賞ノミネート

タイトルだけ大賞
2011年にもノミネートしていただきましたが、今回も


を自薦でノミネートしてもらいました。

選考当日は、ラジオ聞いてみたいと思います。

日本タイトルだけ大賞にノミネートされました

本の話

最近、ずっと本のレビューしてないなと思ったので、最近読んだ本のご紹介。
まだ読んでない良い本もいっぱいあるんですけど。


ieiri.jpg
友人の糀屋さんが貸してくれました。家入さんが如何に「お金」を手に入れて、そして如何にあっという間に失っていったかを本人が語っています。
家入さんがお金のマネジメントに長けているとは全く思えないですが、「お金」の使い方については経験談から語られる話には説得力があります。

お金は沢山持つこと自体が目的化されがちですが、決してそうではなく使い方が重要だという所には共感します。

お金なんかなくても、何とかなるんだよと言う事は同感です。


hajime.jpg
起業家の定番本だというので読んでみました。

いわゆるスモールビジネスがスモールビジネスのままで終わってしまう原因をストーリー形式で分かりやすく説明した本です。

僕の会社も絵にかいたようなスモールビジネスで、かつ職人的な会社なわけですが、これをどのようなプロセスで会社っぽくしていくかはやっぱり常に考えるわけです。

人を使う事、仕組化することを学んでいきたい人には入門書として最適だと思います。

僕の場合にも本に書かれていることを少しずつ取り入れようと思います。


kojiki.jpg
先日、講演をお聞きした竹田さんの訳した古事記。

「日本人は古事記を読むべきだ」という主張には同感します。やっぱり日本国が(天皇ではないですよ)どのように成立した(と主張されているか)を理解するのは、日本の歴史としてはとても重要な話だと思います。

古事記の話は本来日本史に含まれると思うのですが、学校で習う日本史では決定的に欠けているのでやはり一度読んでおくべき書籍だと思います。

日本の建国記念日は、神武天皇が大和に入って即位した日だと言うのもこの本で初めて知りました。

初めて知ったんだけど、僕をはじめとして多くの国民が「建国記念日」の歴史的な由来を知らないと言うのも問題だとおもうんだよなぁ。


saibara.jpg


新潟出張の時に、新幹線の中で暇そうなので読むために買った本

西原さんは中学生の頃からの愛読書ですが、今回の本もとても良い

簡単に言えば、読者からの人生相談なんですけど非常にクールで現実的なアドバイスばかりで良い。

逆に言うと、相談者の周りにはこうしたクールで現実的なアドバイスをしてくれる人がいないんだろうな。

本の中でも、良くわかってない友人や親せきの叔父さんに相談するのが最悪って話が出てきました。

全くその通り。

僕らFPの相談現場でも、相談者にとって親族や知り合いの相談が一番役に立たないことは経験済みです。



hitori.jpg
斎藤一人さんの書籍総集編みたいな本

斎藤一人の本は、以前1冊100円でブックオフでたたき売られていたのを買って読んでみたら意外といい本なんですよね。

Qさんが日頃から言っていたことに非常に近い感覚を持っている方だと思ってます。
(ひとりさんの方がストイックですけど)

Qさんもひとり本も読んだことなかったら、この本はオススメだと思います。



jim.jpg
ジム・ロジャーズの最新刊

現在の世界経済をロジャーズの視点から鋭く捉えた本です

米国をはじめとする先進国の抱える諸問題を鋭く指摘しています。

完全に資本主義の原則に基づき、現在の社会は如何に資本主義の原則からかけ離れた社会になってきているかについて警鐘を鳴らしています。

資産運用の観点からも政治の観点からも読んでおいた方が良いと思う一冊

前半はジムの自伝的な記述になっているので、投資家ジム・ロジャーズそのものに興味がある人も面白いと思います。(それは投資家しかいないとは思いますけど)
ブログでは告知しておりませんでしたが、明日まで今回の書籍のアマゾンキャンペーンを行っております。

51EVlUPsA-L._SL500_AA300_.jpg

下のサイトより無料で立ち読みができるようになってます。

立ち読み登録サイト
http://ifund-research.com/free/


また、明日までにamazonでご購入いただいた方には特典をご用意いたしました。

「親スネ、資産運用チェックシート」です。

 このチェックシートは、あなたにとって「二世代マネープランニング」が必要かどうかが
簡単にわかるチェックシートになっています。

 質問項目に答えていくだけで、

「二世代マネープランを考える必要があるのか?」
「今から資産運用に取り組むべきなのか?」

が簡単に診断できるようになっています。

本を読んで

「本当に自分には二世代マネープランニングが必要なのだろうか?」

と悩んでいる人はチェックシートに取り組んでみてください。


チェックシートだけではなく、「二世代マネープラン」「資産運用」に取り組んでいく場合
のポイントも簡単にまとめていますので、自己診断にご利用下さい。

プレゼントの二つ目は

「人気FP花輪陽子と小屋洋一の資産形成対談ビデオ」

をお届けします。

花輪陽子さんは、外資系金融機関に勤務していましたが、「リーマンショック」のあおりで、
2009年夫婦同時失業を経験。投資銀行を退職し、FPとして独立。
そのご、雑誌や新聞などでの執筆のほか、全国各地で講演、テレビやラジオの出演など精力的
に活動を行っている人気FPの一人です。
著書に『夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『夫婦同時失業から復活したFPが教える、
節約せずに年間200万円貯める方法』(大和書房)、翻訳書に『手放す生き方』(サンガ)など
新進気鋭のFPとしてご活躍中です。

私も花輪さんにはFPとしてのスキルはもちろんのこと、2008年のリーマンショックからこの
2011年までの3年間で著しい成長を遂げた花輪さん自身に大変興味を持っています。

そこで、今回は花輪陽子さんをゲストにお迎えして

「35歳で考える資産形成」
「家計見直しのポイント」
「住宅取得に対する考え方」
「海外に投資することについて」
「小屋・花輪はどのような資産運用をしているのか?」

などのテーマで対談いたしました!

 実際、現役人気FPの資産運用に対する考え方などがわかりやすく解説されていますので
皆さんの資産形成にもかならず役に立つ動画に仕上がっています。

特典受け取りサイト
http://ifund-research.com/free/present/

ぜひぜひこの機会にご購入をお願いいたします。




先週、発売になった本がようやく書店に並んで見かけるようになりました。

そこで今日から3日間、「親スネ」の無料立ち読みサイトをご用意いたしました。

まだ、買って読んでいない方々は一度見てみてください。

よろしくお願いします。

タイトル決定!

告知です。
以前からこのblogでもご紹介してきました、私の初の書籍ですが、タイトルが決定しました!

「35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい!」

となりました。

内容は、20代30代の若者世帯向けのライフ(マネー)プランの本となっています。

主旨としては、高齢者との世代格差が広がる中(今回の税と社会保障の改革も格差を縮めるには至らない)、20代30代は親世代に比較して大変厳しい状況に置かれています。

これを解消する一つの手段として、親の保有している資産(金融資産や不動産)を上手に2世代で活用していくことが考えられます。

また、親の資産を上手にマネジメントしてあげることは、親世代の老後の不安を解消してあげることにもつながります。


といった内容です。

これから表紙などのデザインに入る予定です。

デザイナーさんは、数々のベストセラーを手がけていらっしゃる、panixの斎藤啓一さんという方に、お願いしております。

■■■■■■■■■■■panixの装丁■■■■■■■■■■■

石井 裕之著 コールドリーディングシリーズ(フォレスト出版)
『なぜ、占い師は信用されるのか?』
『一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング』
『コールドリーディング』
『ホワイト・ブラック コールドリーディング』

フォレスト2545新書
『なぜ、脳は神を創ったのか?』
『大好きなことをしてお金持ちになる』
『「損する生き方」のススメ』
『2020年の教科書』
『コミュニケーション力を高める文章の技術』
など

中山 和義著 24の物語シリーズ(フォレスト出版)
『大切なことに気づく24の物語』
『大切な人に贈りたい24の物語』
http://www.amazon.co.jp/dp/4894513242/
『小さな幸せに気づく24の物語』
『悔いのない生き方に気づく24の物語』

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?(フォレスト出版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894512262/

「心のブレーキ」の外し方(フォレスト出版)
http://www.amazon.co.jp/dp/4894512440/


どんな装丁が上がってくるのか楽しみにしています。
1

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る