小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

昨日は、ディメンショナル・ジャパンの方々とディスカッションをしてきました。

logo.png

ディメンショナルといっても日本の投資家の方々には馴染みが無いかと思いますが、米国ではTOP10に入り、最近勢いのある運用会社です。

「独自の低コスト戦略で台頭するディメンショナル」
(野村資本市場研究所)
http://www.nicmr.com/nicmr/report/repo/2011/2011sum13.pdf

上記の野村資本市場研究所のレポートは大変良くできているので、それを読んでいただくと良いとは思いますが、簡単に解説をしておきます。

ディメンションとは日本語で訳すと「面や特質」になるかと思いますが、この運用会社では株式投資で大事なのは

長期・分散
であることを説いています。

また、基本的にはアクティブ運用にも否定的な考え方をしています。
では、インデックスファンドなのかというとそうでもなく、

あくまで学術的なファイナンスの研究結果として、
株式運用で高パフォーマンスを上げる特質(ディメンション)として

・小型株

・高収益

・割安株

が、歴史的にインデックスを上回るパフォーマンスをあげられることを実証しているとして、
そのような運用を低コストで提供することをコンセプトにしています。

過去の運用データからは、この手法によって1%程度のアルファが生まれています。

ファンドのコストは大体0.5%前後で、通常のインデックスファンドやETFよりも0.3%前後のコストアップになりますが、アルファで十分メリットは享受できるというスタンスです。

今回、小屋がディスカッションしてきたのは、そのディメンショナルが米国で行っている販売手法に興味があった事にあります。

ディメンショナルは、米国では個人投資家向けには、独立系のアドバイザー経由でしか販売しない方針を取っています。
しかも、アドバイザーなら誰でも良いということではなく、基本的にディメンショナルの運用理念に沿った

長期・分散・低コスト

運用に同意できる(顧客にそうした運用を提案している)アドバイザーに限定しているというこだわりがあります。

これまで結構多くのアドバイザーが、取り扱いを断られていて、ディメンショナルの商品を扱えることがアドバイザーのステータスになっているようなブランド力もあります。

ディメンショナルの運用理念に共感して投資をしてくれれば、運用会社、アドバイザー、投資家の3方が結果的に上手くいくという事のようです。

そこで、今回小屋はディメンショナル・ジャパンにお願いして今年の10月に、米国現地のアドバイザー研修を受講させてもらうことにしました。

現地で、より詳細な考え方を学んだり、現地のアドバイザーと意見交換をしてきます。

また11月ごろのブログで、その内容については報告できると思いますので、お楽しみに。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

金銭教育をするための教科書

2017.08.09(Wed)|カテゴリ:書評,資産運用

先週、某東証一部企業の社長と、1対1でお食事をさせていただく機会がありました。

その会話の中で出た話として

「企業内で社員に対して、金銭教育を与える機会を設けたい」

という話がありました。

どうも、その社長自身が強く「金銭教育が必要だ」と認識しており、それを社員にしっかりと教育していくことが、社員の方々の生活の安定につながるであろうということをお話されてました。

ところで、メルマガ読者の皆さんは過去にしっかりとした金銭教育を受けたことがあるでしょうか?

学校教育や社会人教育の中では、金銭教育は含まれませんので、ご自身が意欲的に金銭教育を学んでいなければ、自然と機会を与えられることもなかったはずです。

もし、私が、メルマガ読者の方に「金銭教育」の本をお勧めするのであれば

【初心者向け】

新・メシの食える経済学~お金に恵まれる人生への手引き~ (光文社知恵の森文庫)
著者:邱 永漢

邱永漢.jpg
幸せな小金持ちになる方法が、具体的に書かれています
お金は所有するよりも利用できることが大事など、お金の本質にかかわることがしっかりと解説されています
そのうえ、初心者の人にも難しい言葉を使うことなく書かれています。

テクニカルな事よりも、心構え、マインドセットに向いている1冊

【中級者向け】
投資戦略の発想法〈2010〉
著者:木村 剛

kimurago.jpg


著者は、色々事件とかありましたが、書籍に関しては全く問題なし

主にサラリーマン(勤め人)が、どのように行動するのが、投資の世界において重要であるのかきちんと解説されています。

多くの人は、資産運用を頑張るよりも、自分のキャリアアップや、節約を頑張った方が、よほど経済合理性が高いという、普通の運用本では中々触れられていない事柄もしっかりカバーされています

厚い書籍自体に抵抗感が無ければ、オススメです

もしも、私が他社の社員さんに「金銭教育」を行うのであれば、間違いなく上記2冊のエッセンスをわかりやすく解説していくということになると思います。

逆に言えば、この2冊に書かれている内容をしっかりと理解して、実践していくことができれば10年~20年で生活に困らないレベルの、お金持ちになることは十分可能であると言えると思います。

ぜひ、夏休みのお供にしてもらえれば幸いです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

ema-tassei-001.png



先日、久しぶりにセミナーの機会をいただきまして
大家さん向けに、中長期的な視野での資産形成や次世代への資産承継について話をさせていただきました。


その中で、セミナー受講者からの感想や懇親会での意見として

「久しぶりに大局的な話を聞いた」
「テクニカルな話になるセミナーが多い中で、根本的な話が聞けて良かった」

というような感想を多くいただきました。


懇親会でお酒を飲みながら率直な感想を聞いてみると

ともすれば、大家さんの勉強会でも

・借り入れを沢山行い、いっぱい物件を所有している方が成功だと勘違いしてしまう

・物件を沢山買い入れるうちに、本来はのんびりとした生活を送ることが目標であったのに、物件の管理業務で、息を付けないほど忙しくなってしまっている

ということがあるそうです。

これは、会社でも陥りがちな話ですが

「そもそも何の為(目的で)、投資をしているのか?」
「そもそも何の為(目的で)、事業を行っているのか?」

という足元をしっかりと見つめて運用を行っていかないと

「資産運用が上手く行くこと」
「資産が増えれば増えるだけ良い」

という、本来は目的を達成するための「手段」であったはずの運用が、「目的」にすり替わってしまい、結果として幸せな人生にはつながっていかない。

という人も数多く見かけます。

ブログ読者の皆様も、資産運用が上手く行くように努力するのは当たり前の話として

そもそも資産運用によって

「自分が将来どのような人生を歩みたいのか?」
「資産運用が自分の人生にどのように寄与する手段であるのか?」

ということを折を見て考えていただきたいなと思います。

特に、資産家の方は自分1代の話だけではなく、子供たち孫たちの2~3代にわたるストーリーやシナリオを描いていただきたいところです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

先月6月9日に閣議決定されて発表された

bone.jpg


「骨太方針」の2017年版

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2017/decision0609.html

ですが、昔に比べ、あまりニュースでもwebの世界でも話題になっている感じがしません。


でも、一応私の方では過去に何度か記事にもしているので、今回も読んでみました。


昨年の話

https://mlplanning.co.jp/blog/2016/05/2016.html

一昨年の話

https://mlplanning.co.jp/blog/2015/07/post-452.html


読んだ感想としては、昨年の感想と全く変化がありません。


つまり、総花的で、政策の実行度合いもほとんどわからない方針説明になってしまっています。



また、毎年毎年、目先のテーマを変え


今年は


「働き方改革」


というテーマを前面に打ち出して、新規性を出しています。



ただ、よく考えても見てほしいのですが、政府の出す根本的な対応策が、毎年毎年テーマを変える必要があるのでしょうか?


本気で、日本経済を再生させたいと思うのであればそのボトルネックを実直に毎年コツコツと改善していく必要があるのではないでしょうか?



これでは、単にテレビやマスコミ受けを狙って、あえて新規のテーマを出している

(今年は電通の過労死自殺事件がありました)
ようにしか思えません。


一応、昨年よりも良くなった点は、一応アベノミクスの成果という資料を今年の1月にまとめて発表しています。


http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/sankou_02.pdf



これによって、政府の考えている政策と、実際の効果が検討できるようになってはきました。

しかし、アベノミクスの成果だと謳われている内容が、私の目から見れば

そのほとんどは

「高齢化で生産年齢人口の低下に伴う、労働需給のひっ迫」
「米国を中心とする世界経済の安定的な成長」

に起因する材料が多く、

「アベノミクス」

の成果として、この変化が起きているのかどうかは正直、良く分かりません。

(その意味では安倍首相は運が良いのだと思います)

唯一、成長戦略の効果として評価がしやすいのが

「観光」(インバウンド)の成長だと思います。

この面では、政府の取った政策(主にビザの緩和)などが素直に数字に反映されているように読み取ることができます。


しかし、例えば冒頭に出てくるGDPの数字も、算出方法が変化した

(研究開発費を組み入れるようになった)
影響があるということなどは、もちろん全く触れられていません。


このように、統計資料というのは、いくらでも提出側の都合の良いように(結論ありきで)作成して見せることができますので、読み取る方は注意が必要です。


毎年、この資料を見ていて思いますが、なかなか「社会保障」「地方行政」などの本質的な改革に踏み込まないと、政府主導での変化は難しいだろうと思います。

こちらは、毎年の方針で触れられてはいますが、
ずっと未解決のままです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

生き残るには「変化」が必要

2017.06.22(Thu)|カテゴリ:経営,資産運用

進化論で有名なダーウィンは

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」

というセリフを残しています
(実際にはダーウィンよりも後の人が、ダーウィンの話として創作したという話です)

Tyrannosaurus.png

生物の世界では、環境の変化に対して「たまたま」対応できた種だけが、生き残ってきているという当たり前の話でもあります。

恐竜が地球上から絶滅してしまったのも、地球の環境変化に対応できなかったということなんだと思います。

前置きはここまでにして、先週私は、某大手証券会社系列のアセットマネジメント会社主催の勉強会に招待していただいて参加してきました

そこでは、私が普段から主張しているような

・米国型の「フィー」による資産管理型の金融サービスの展開
・米国での資産アドバイスのありかた
・実際に日本でも「フィー」ビジネスモデルで展開している企業の具体的な取り組みの紹介

など

日本においても、これから資産運用業界では「顧客」ときちんと向き合って

販売手数料などの「コミッション」収入から顧客と利益相反が起こりにくい「フィー」にビジネスモデルが変化していくであろうという話が展開されました。

このこと自体は、私も当然だと考えていますし、実際私のビジネス自体もそのような前提でここまで成長してきているので違和感も何もありませんでした。

話として面白かったのは、周囲の反応です。

この勉強会を企画した、某大手証券会社の内部では、役員を含む上層部にこのような話をしても

・「フィー」で稼ぐことが「コミッション」よりも優位だというのか?
(「コミッション」で稼ぐことが悪いとでも言うのか?)

・「コミッション」ビジネスモデルを否定することは、これまで自分たちが一生懸命やってきたことを否定するつもりか?

という議論が展開されてしまい、理性的な議論の展開には結びつかないという話でした。

また、参加をしていた中小の証券ビジネスにかかわる会社でも

・「フィー」ビジネスが今後必要なことは理解できるが、今取り組まなければいけない話なのか?
・「コミッション」ビジネスモデルを変化させてまでも、やらなければいけない話なのか?

という反応が主なところでした

冒頭の恐竜の話ではありませんが

私が顧客に接している限りにおいては、すでに顧客側で

「コミッション」ビジネスモデルには辟易していて
「フィー」ビジネスモデルを展開する事業者に興味関心がある

という変化が起きつつあります。

しかし、サービス提供事業者側では、この変化に対応する気がほとんどない(そして中長期的には絶滅してしまうかもしれない)というのが、上記の勉強会でも実感できました。

これは、弊社のビジネスからするとライバルがいないので、有難い限りの話ですが、日本の資産運用業界に関わる一人の人間としては、寂しい限りの現状だとも言えます。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

O68BK10.jpg
(画像:Freepik

先日は、関西の某投資助言業者の方に日本株の勉強会を開催してもらいました。
内容としては、小型株で有望と思われる銘柄の紹介とその発掘方法に関する内容です。


その助言業者の銘柄選定は独特の手法で、

1.新聞やニュースなどで気になった記事を中心に銘柄に着目する
2.気になった企業の証券アナリスト協会主催の決算説明会に出席して社長に質問をする
3.その後に有価証券報告書などを良く読んで財務分析を行う

という手順で企業を選択するそうです。



特に決算説明会では、


中小型株では、大手証券会社のアナリストはあまり来ていないか新人のケースが多く、新人アナリストの質問の内容はというと決算数字にまつわる話がほとんどで、

社長の目指しているビジネスの方向性
会社の取っている戦略

など説明会でなければ直接社長に聞けないような定性的な情報を質問するのはこの助言業者ぐらいしか見当たらないのが決算説明会の実情だという話でした。

実際にこのような手法で選択した30銘柄程度で構成されるポートフォリオは結果も優秀で、TOPIXは当たり前ですが、東証中小型株指数なども上回るパフォーマンスだとのことでした。

私も個別銘柄を分析するのは趣味ですが、あくまでも紙上の情報に留まっており決算説明会に参加するほど分析はしていません(それが本業ではありませんので)。

最近では、ファンドのアクティブとインデックスの論争が激しいですが、個人投資家はこのような熱心な個別株分析をされた情報を利用するというのも戦略の一つだとは思います。


無料の資産運用メール講座は、こちら!

ページトップへ戻る

慣用句で「先立つものは金」という言葉があります。

2015-04-29_073501-336x156.jpg

これは、何かをしようと思った時に、まずはお金が必要だという意味合いです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?


私の実感とは異なります。

実際には、先立つものは・・・

「信用」

なのではないかと思っています。


つい先日も

「○○したいとは思いますが、先立つものが無いので・・・」

という話をされる方がいらっしゃいました。


しかし、私からすると

「本当にやりたいことであれば、他の人からお金を借りてくるなり、
出資してもらうなりしてやればいいだけの話」

に聞こえました。


当人には申し訳ないのですが、周囲の人が協力して、応援してくれるほど
当人自身がそのことに対して「本気」だとは思えないのです。


「本気」であれば、周囲の人にお金を借りるか、出資し(出し)てもらうかをして
まずは取り組むことからスタートするでしょう。

その結果として、上手くいけば、お金に関しては返済したり、リターンで返せば
良いだけの話です。


孫さん(ソフトバンク)なんかいくら借りてると思いますか?

20兆円ですよ!

借り入れが。

これは孫さんであれば、20兆円も返してもらえるはずだと思われているからだと思いますし、
20兆円あれば、スプリントの買収も含めて大抵のことは実現可能な金額です。


もしも、あなたが最初のお金も借りたり、出資し(出し)てもらえないのであれば、それは
あなたの「信用」が足りないのです。

つまり、あなたにお金を貸したり出資したりしても、戻ってくると思われていないのです。


私の大好きな邱永漢も

お金の「所有権」にはこだわるな、利用できる立場で一生お金に困らなければ良い

と言っていましたが、これも同じ話だと思います。


何か事を起こそうという方は、普段からしっかりと周囲の人の「信用」を勝ち取り、

いざという時にその「信用」を取り崩して「お金」に変える

という意識で普段から「信用」を積む、活動をされることをお勧めします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

 

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る