小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

先立つものは・・・「お金」なのか?

2017.05.24(Wed)|カテゴリ:その他,経営

慣用句で「先立つものは金」という言葉があります。

2015-04-29_073501-336x156.jpg

これは、何かをしようと思った時に、まずはお金が必要だという意味合いです。

しかし、本当にそうなのでしょうか?


私の実感とは異なります。

実際には、先立つものは・・・

「信用」

なのではないかと思っています。


つい先日も

「○○したいとは思いますが、先立つものが無いので・・・」

という話をされる方がいらっしゃいました。


しかし、私からすると

「本当にやりたいことであれば、他の人からお金を借りてくるなり、
出資してもらうなりしてやればいいだけの話」

に聞こえました。


当人には申し訳ないのですが、周囲の人が協力して、応援してくれるほど
当人自身がそのことに対して「本気」だとは思えないのです。


「本気」であれば、周囲の人にお金を借りるか、出資し(出し)てもらうかをして
まずは取り組むことからスタートするでしょう。

その結果として、上手くいけば、お金に関しては返済したり、リターンで返せば
良いだけの話です。


孫さん(ソフトバンク)なんかいくら借りてると思いますか?

20兆円ですよ!

借り入れが。

これは孫さんであれば、20兆円も返してもらえるはずだと思われているからだと思いますし、
20兆円あれば、スプリントの買収も含めて大抵のことは実現可能な金額です。


もしも、あなたが最初のお金も借りたり、出資し(出し)てもらえないのであれば、それは
あなたの「信用」が足りないのです。

つまり、あなたにお金を貸したり出資したりしても、戻ってくると思われていないのです。


私の大好きな邱永漢も

お金の「所有権」にはこだわるな、利用できる立場で一生お金に困らなければ良い

と言っていましたが、これも同じ話だと思います。


何か事を起こそうという方は、普段からしっかりと周囲の人の「信用」を勝ち取り、

いざという時にその「信用」を取り崩して「お金」に変える

という意識で普段から「信用」を積む、活動をされることをお勧めします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る