小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

「手段」が「目的」化すること

2017.07.22(Sat)

ema-tassei-001.png



先日、久しぶりにセミナーの機会をいただきまして
大家さん向けに、中長期的な視野での資産形成や次世代への資産承継について話をさせていただきました。


その中で、セミナー受講者からの感想や懇親会での意見として

「久しぶりに大局的な話を聞いた」
「テクニカルな話になるセミナーが多い中で、根本的な話が聞けて良かった」

というような感想を多くいただきました。


懇親会でお酒を飲みながら率直な感想を聞いてみると

ともすれば、大家さんの勉強会でも

・借り入れを沢山行い、いっぱい物件を所有している方が成功だと勘違いしてしまう

・物件を沢山買い入れるうちに、本来はのんびりとした生活を送ることが目標であったのに、物件の管理業務で、息を付けないほど忙しくなってしまっている

ということがあるそうです。

これは、会社でも陥りがちな話ですが

「そもそも何の為(目的で)、投資をしているのか?」
「そもそも何の為(目的で)、事業を行っているのか?」

という足元をしっかりと見つめて運用を行っていかないと

「資産運用が上手く行くこと」
「資産が増えれば増えるだけ良い」

という、本来は目的を達成するための「手段」であったはずの運用が、「目的」にすり替わってしまい、結果として幸せな人生にはつながっていかない。

という人も数多く見かけます。

ブログ読者の皆様も、資産運用が上手く行くように努力するのは当たり前の話として

そもそも資産運用によって

「自分が将来どのような人生を歩みたいのか?」
「資産運用が自分の人生にどのように寄与する手段であるのか?」

ということを折を見て考えていただきたいなと思います。

特に、資産家の方は自分1代の話だけではなく、子供たち孫たちの2~3代にわたるストーリーやシナリオを描いていただきたいところです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る