小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

グロース(成長株)投資の考え方

2017.08.31(Thu)|カテゴリ:日本株,資産運用

先日、私も寄稿する億の近道の執筆者の一人でもある「山本潤」氏に、私の所属する投資クラブで「成長株」投資の考え方についてレクチャーしてもらいました。


l_208.jpg

これまで、この投資クラブでは、どちらかというと「バリュー」投資の銘柄が多く、私やメンバーも「バリュー」株の見方や考え方は理解しているのですが、「成長株」になると、どうも良く分からないということになるケースが多かったのです。

例えば

エムスリー(2413)

2012年に検討しながら、買えず
当時、900円程度であった株価は、現在2,800円と3倍
(分割考慮後の株価)

スタートトゥデイ(3092)
2010年に検討をしながら、買えず
当時、200円程度であった株価が、現在3,450円で27倍
(分割考慮後の株価)

と、逃した魚は大きく見えます。

結局、「バリュー」の基準でみると、「グロース」銘柄はいつでも株価が高く、購入する意欲がわかないというのがこれまでの私を含むメンバーの欠点でもありました。

ちなみに、そんな中でも、昨年の8月にこのブログでもご紹介したアトラエ(6194)は、

ご紹介した時点で、
2,500円程度であった株価が、現在8,000円と3倍
(分割考慮後の株価)

と投資クラブとしては珍しく、思い切って「成長株」銘柄を購入して上手く行った事例も出てきました。

そこで「山本潤」さんに「成長株」の考え方をお聞きするという機会を設けました。

【成長株投資のポイント】

・売り上げがしっかりと年率数十パーセント成長している企業を中心に選ぶこと

・その売り上げの成長が、世の中をきちんと見たときに、ユーザーの需要に支えられていて
長期間継続することが想定されること

・利益率が十分に高い構造、環境にあること
 (価格決定権が強い企業であること)

・その事業の技術やサービスに優位性や、その他個別要因があり、他社の参入障壁が充分に高いこと

・PERには決してとらわれないこと

・バリエーションは、基本的にはDDM法やDCF法で考えること
 その場合には、その株のリスクプレミアムを十分に考慮すること

など具体的な事例を交えながら2時間にわたり講義いただきました。

ちなみに9月には、山本潤さんが、億の近道で下記の通り「成長株」のセミナーを開催しますので

成長株投資セミナー
2017年9月17日(日)13:30~
https://peraichi.com/landing_pages/view/qa5a5

ご関心のある方は、ぜひ参加されると良いと思います。

我々投資クラブのメンバーも、こちらのセミナーに参加することにしています。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る