小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

書評~サピエンス全史

2018.08.03(Fri)|カテゴリ:書評

巷で評判でした「サピエンス全史」をようやく読了しました。

昨年ご紹介した「LIFE SHIFT

が2017年のビジネス書大賞の準大賞であったのですが、

その時に大賞を取ったのが、この「サピエンス全史」です。


上下巻で600ページ近くある、大作ですが、私は既にKindleで読んでいるので
単行本としての、その厚さを感じることはできませんでした。



20180804.jpg


さて、内容としては、著者がそもそも歴史学の先生という事もあり

人類(ホモ・サピエンス)の歴史を圧倒的なスケール感で描いていきます。

また、歴史的な価値観よりも、より生物学的観点から人類(ホモ・サピエンス)を
とらえているので、フラットな目線で歴史をとらえることができます。


私が一番印象的だった話は

「ホモ・サピエンスは共通の虚構を作り、それを信じることができるので
 ここまで広く分布、繁殖することができた」

という話でした。

これは、共同幻想を抱くことができるというのが人類の他の生物とは異なる点で
これがあるからこそ、決して生物的には強く種族ではない人類が地球上でもっとも多く繁殖できているという事でした。



共同幻想とはあらゆる話で

国家、主義、貨幣、政治、宗教など現代の世の中で当然と思われている事柄すべてが人類が勝手に作り出した虚構であり、それ自体には何の意味もないし、確固たるものは何もないという事に感動しました。



要するに、これまで社会的に常識、重要、必要なことと思われている知識・体系は
全部現代の人類がそのように虚構を作っているのであり、人間が生きていく本源的にはあまり意味がないという事です。



もちろん、人類は社会的動物でありますので、その社会や知識を無視して生きていくことは特に現代社会では難しいですが、そこに本源的な意味がないとすれば、我々はもっと自由に考えたり生きていくことができるのではないか?

と考えさせられました。


特に、私の扱うテーマの「お金」に関しては、

「貨幣は、これまで考案されたもののうちで、

最も普遍的で、最も効率的な相互信頼の制度」

であるという分析をしています。


つまり、貨幣は人々が信頼していないと何も価値もないものですが、信頼をされていれば
人類が共通して利用できる制度になっているということで、これが貨幣の本質です。

貨幣も共同幻想の一つ、虚構の一つにしか過ぎないのです。


しかし、貨幣を通じて一方で普遍的な信頼を築けるがゆえに、人々が他人やコミュニティへの信頼よりも
貨幣を信頼するという、邪悪な面があることも指摘しています。


私もまったく同意見で、貨幣というものは、貨幣そのものには特に意味も価値もありません。
それを支える信頼を自分で築くことが、結果的に貨幣を築く源泉になるものだと感じています。

この辺りを取り違えて、人が貨幣そのものに価値を見出してしまうと、寂しい結果を生むことが多くなります。

お金持ちでも不幸な方は、このあたりの理解が必要です。


皆さんもこれからお盆休みを迎えられると思いますので、子供たちの夏休みの宿題と一緒に

「サピエンス全史」

を読む。

この夏のおススメです。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る