小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

米国を視察する意義について

2019.09.27(Fri)|カテゴリ:マーケティング,世界経済,資産運用

来週から毎年恒例の米国FP事務所視察、FPカンファレンスへの参加のために

1週間ほど米国シカゴに出かけてきます。

毎年のように米国に視察に行っておりますが、その中で何を学んでいるのかを

改めて少し考えてみました。



20190928.jpg



①米国のアドバイスビジネスの発展の経緯を知る


小屋が10年前に初めて米国に訪問した時に、現在の弊社が行っているような

顧客の資産アドバイスビジネスが米国では広く普及していることを知りました。

そして、その米国のビジネスモデルを模倣しながら日本でアドバイスビジネスを

スタートしたわけです。

大体、日本の現在の金融リテールで起きていることは、米国で1990年代前半の

状況に似ていて、概ね30年程度歴史を遡った状態にあります。

したがって、米国の1990年代、2000年代、2010年代の30年間で

起こってきた変化を理解すれば、今後日本の金融リテール業界で起こる変化が

読みやすくなるのではないかと考えています。




②FPアドバイスの潮流について学ぶ


カンファレンスに参加していると、参加する年によってカンファレンスの中で

議論されているテーマが少しずつ変化していることを感じます。

マーケットが良い時には、資産運用のテーマが増えますし、悪い時には

顧客のメンタルコントロールやコーチングの話が増えたりします。

最近では、やはり米国でも高齢化や健康に関するアドバイスが増えている気がします。

また、FPビジネス自体も第一創業世代から30年程度経っていることもあって

後継者問題や、事務所のM&Aなどの話もテーマとしては大きくなっています。


こうした、業界の潮流を学ぶことで、日本でも同様の変化や潮流が起こることを

予測しやすくなると思います。




③事務所経営について学ぶ


米国では30年程度の歴史があるFP事務所が沢山あります。こうして長年継続して

経営されてきた事務所では、マーケティングや人材育成、採用など継続的に経営するのに

必要な経験やノウハウが溜まっています。

小屋も同じ事務所の経営者として、事務所経営の先輩方の試行錯誤を共有してもらうことで

失敗する可能性を減らしたり、試行錯誤する時間を短縮できたりしています。




④テクノロジーの採用について


米国では、アドバイザーの使うツールであるITツールがふんだんにあります。

これも、良いソフトウェアを沢山見ることによって、日本でも今後どのような

ソフトウェアを開発する必要があるのかを理解し、実際にそれを開発したり

採用したりすることで、差別化や先行利益を得ることができるだろうと思ってます。


ということで、今年も楽しみに米国出張に行ってきます。


その結果やフィードバックもこちらのメルマガなどで還元していきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る