小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

10年間米国事務所訪問をして新しく学んだこと

2019.10.10(Thu)|カテゴリ:その他,資産運用

前回のメルマガでご報告した通り、先週は一週間米国のシカゴで

NAPFAというファイナンシャルアドバイザー団体のカンファレンスに

参加してきました。



20191012.jpg


カンファレンスに参加する前日には、シカゴ郊外のTimothy Financial Counsel Inc.

にオフィス訪問をさせていただき、現場でのお話を聞くことができましたので

今回は、その内容を報告したいと思います。


小屋も10年間米国FPのカンファレンスや事務所訪問を続けていますが

今回のTimothy Financial Counsel Inc.のビジネスモデルというものは、

10年間でも初めて出会うものでした。


米国のファイナンシャルアドバイザーは、主に顧客の資産管理に携わり、

そこからアセットマネジメント報酬(Fee)をいただくという内容が主流になっています。

これは、金融商品の売買で売買手数料をもらうビジネスモデルは、

顧客との利益相反が起こりやすいので、最近急速に流行ってきているビジネススタイルです。


しかし、今回のTimothy Financial Counsel Inc.では、

この利益相反関係にあるという考えをより一歩進めて、顧客からの報酬は、

完全な時間報酬で決定するというスタイルでした。


つまり、顧客の相談や解決に使う時間にたいして、

時間給3万円でサービスを提供するというビジネスモデルでした。


顧客の相談内容の複雑性に合わせて


レベル1 (10時間程度) 30万円   主に一人暮らしの人や未亡人など

レベル2 (15時間程度) 45万円   二人暮らしでシンプルな家庭

レベル3 (20時間程度) 60万円   子供がいる家庭、年金受給をしている夫婦など

レベル4 (30時間程度) 90万円   主にスモールビジネスのオーナーなど

レベル5 (それ以上)  100万円以上 それ以上の規模や複雑性があるビジネスオーナー、資産家など


という内容であったりします。


【参考】

Timothy Financial Counsel Inc.のHP


この会社の話を聞いて下記の2つのことを考えました。



①資産管理型のビジネスモデルが、米国では本当に定着してきていること

Timothy Financial Counsel Inc.では、資産管理型のビジネスモデルでは、

顧客の支払う報酬と、アドバイザーが提供するサービスが必ずしも一致していないというところに疑問を感じた代表者が設立したという話を聞きました。

その意味では、米国では本当に資産管理型のFeeビジネスモデルがしっかりと定着をしていてそのモデルに対する疑問や反発が出てきたのだろうと感じました。



②専門家としての報酬レベル

Timothy Financial Counsel Inc.のサービス提供は、上記にも書いたように1時間当たり3万円というレベルが報酬レベルです。

そしてこれらは、米国の弁護士業務とほとんど変わらない水準です。

彼ら自身も、弁護士のビジネスモデルを参考にしながら構築したと言っていました。

日本のFPで、作業の時間単価を3万円に設定している人はそれほど多くない印象です。

ファイナンスやコンサルティングのプロとしての報酬の在り方について、考えさせられることが多くありました。


今回の事務所訪問では、これまでには見たことのないようなビジネスモデルに挑戦している新しいタイプのアドバイス事務所を見学することができました。

そして、その事務所訪問をアレンジしてくれたNAPFAの事務局には大変感謝しております。


弊社でも、米国ですでに定着している感がある、金融商品販売ビジネスモデルから

顧客の資産管理型ビジネスモデルへの転換をしっかりと日本の顧客に提供して

それを定着させるのが使命であることを再確認しました。


次回もシカゴでみてきた内容を報告します。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る