小屋洋一Blog 小屋洋一Blog

大手証券会社の比較可能なKPIを見てみる~パフォーマンス編

2019.11.21(Thu)|カテゴリ:資産運用

昨年2018年に金融庁が

「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIについて」

という発表をして、各金融機関の投資信託の販売状況を

購入者側が比較検討しやすいように、比較可能な共通KPIというものを

設定するように促しました。

その詳細は、こちらになります


とはいうものの、なかなか投資信託を購入する際に、販売会社の情報を

比較することもないと思いましたので、一度調べてみました



20191123.jpg

野村証券

運用損益(2013年4月~2019年3月末)

ー50%未満 1%

-50%以上ー30%未満 0%

-30%以上ー10%未満 4%

-10%以上ー0%未満  15%

0%以上+10%未満  38%

+10%以上+30%未満 27%

+30%以上+50%未満 11%

+50%以上      4%

です。

80%の方々がプラスの損益です。


大和証券

運用損益(購入時点~2019年3月末)

ー50%未満 3.0%

-50%以上ー30%未満 3.2%

-30%以上ー10%未満 11.1%

-10%以上ー0%未満  19.2%

0%以上+10%未満  23.9%

+10%以上+30%未満 23.4%

+30%以上+50%未満 8.0%

+50%以上      8.3%

です。

63.5%の方々がプラスの損益です。


SMBC日興証券

運用損益(購入時点~2019年3月末)

ー50%未満 2%

-50%以上ー30%未満 1%

-30%以上ー10%未満 11%

-10%以上ー0%未満  21%

0%以上+10%未満  21%

+10%以上+30%未満 18%

+30%以上+50%未満 11%

+50%以上      14%

です。

64%の方々がプラスの損益です。


ちなみに弊社では

運用損益(2013年4月~2019年3月末)

ー50%未満 0%

-50%以上ー30%未満 0%

-30%以上ー10%未満 0%

-10%以上ー0%未満  0%

0%以上+10%未満  0%

+10%以上+30%未満 0%

+30%以上+50%未満 50%

+50%以上      50%

です。

100%の方々がプラスの損益です。


これは、当然の話でそれぞれの

資産対象が2013年~2019年にかけて上昇しているので

むしろこの期間では長期で保有していてマイナスになる方が

難しいと思われます。


ちなみに2013年~2019年にかけて

日本株式 約76%上昇

外国株式 約91%上昇

日本債券 約8%上昇

外国債券 約22%上昇

と概ねどんな資産でも大幅に上昇しています。

これら株式や債券の組み合わせでポートフォリオを組んでいれば

30~50%程度の上昇をしていて当然だとも言えます。

大和証券やSMBC日興証券は、投資信託保有時から計測しているので

保有期間が6年に満たないものが混ざっているので、よりパフォーマンスを

押し下げているのだろうと推察します。


次回は、販売している投資信託のコスト比較をしてみようと思います。

無料の資産運用メール講座は、こちら!

前へ

次へ

コメント

この記事にコメントする

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS

ページトップへ戻る