その他の最近のブログ記事

「幸せ」になれるお金の使い方

| コメント(0)

私は仕事上、金融資産を沢山保有する方と日々お会いします。

その中で、やはり

「お金持ち」=「幸せ」

とは限らないなぁと感じています。

20190914.jpg


米国のノーベル賞受賞の経済学者ダニエル・カールマンの研究でも

人は年収800万円(世帯では1,600万円)もらうと、それ以上は年収の多寡が

その人の幸福度には影響を与えないというものがあります。


つまり、独身で年収800万円、結婚している人は世帯で1,600万円ぐらいあれば

通常の生活を送ることについて、ほとんどお金の心配をせずに生活ができるし

それ以上のお金は、生活面で余分なお金であるとも言えます。


実際に私が顧客に接していても、世帯年収が2,000万円近くになると

ライフプラン上は問題がなくなるケースがほとんどです。


逆に言えば、年収800万円(世帯では1,600万円)までは、

収入が幸福度に影響するという事でもありますので、

それに達していない方々は、そこまではキャリアと収入について

しっかりと頑張ってあげていくことが自身の幸福感につながるとも言えます。


それでは、年収800万円(世帯で1,600万円)を超えてきた人々は何によって自らの
幸福度を上げているのでしょうか?


私が見ていて感じるのは

・消費に対してしっかりとしたスタイルがある

・人のためにお金を使う

という事がポイントだと思っています。

・消費に対してしっかりとしたスタイルがある

とは、お金を使う時に、しっかりとその生産物や商品に対して理解をして支払うことです。

私を含め、中小企業の経営者の方は心当たりがあると思いますが、


「似たような商品、サービスを購入したり利用するのであれば、顔の見える知り合いの
会社の商品、サービスを利用してあげたいな」


と考えるものです。

なので、例えば飲みに行くにしても、

チェーン店の居酒屋ではなく、知り合いがやっているお店を利用する

なんてことがよくあります。

これは、自分の消費するお金が、顔の見える関係のところへ落ちれば、

やはりその相手が喜んでもらえる、

そして自分自身がそのことで幸福感が上がるという事だと思います。



・人のためにお金を使う

とは、世の中の富裕層を見ていればよく理解できると思います。

孫正義やビルゲイツなど、自分で生涯使いきれないほどのお金や富を得た人をみると

自分で使いきれないお金は、寄付や慈善事業などにも利用していることがわかります。


これは、人や世の中の役に立つためにお金を使うことが、

自身の幸福感の増加につながっている に他ならないことを示しています。


なので、私たちアドバイザーの仕事も、ある意味では顧客の資産増加のお手伝いをしているわけですが

その中で、一定規模以上の資産形成に成功した方々には、このように


・消費に対してしっかりとしたスタイルがある

・人のためにお金を使う

ということを理解してしていただくことも、顧客の幸福感や満足度を上げていく

重要なアドバイスであると思って日々仕事をしています。

6月の下旬に5日間ほど、バンコクに行ってきました。


主に、日本でECサイトを運営されている企業の社長さんたちと
バンコクでの商品仕入れの勉強会に参加させていただきました。

主催者は、オレコン の山本社長です。


日本のEC運営者の皆さんは、バンコクでは主に

シルバーアクセサリ
女性向けアパレル
革小物
革製品
スポーツアパレル

などの卸売市場を物色してきました。

日本のBEAMSやユナイテッドアローズなどのセレクトショップも
同じようにバンコクの卸売市場で商品を仕入れていたりするようです。

IMG_2253.JPGIMG_2263.JPG


話を聞いていると、日本で人気のある商品をしっかりと選ぶことができれば

バンコクでは日本の小売価格の約50%の値段で仕入れることができるようです。

皆さんが、熱心に仕入れるものを探して、そして仕入れたものをいかに一生懸命
販売しているかという熱意を拝見して


「安く仕入れて、高く売る」

という商売の基本を再度学ばせてもらったような気がしました。


こうした国をまたいだ価格差を埋めるトレードを裁定取引といいますが、
金融業界では、こうした価格差はすぐに埋められて裁定取引のチャンスは
消えてしまいます。


しかし、実際にこれが物体を伴った「モノ」になると
そんなに簡単にはいかない
(品質管理、検品、輸出入、人の管理など人的な問題)
などがあり、チャンスの窓も簡単には閉まらないものだという事も
改めて学ぶことができました。


株式の世界でも

「安く仕入れて高く売る」


「仕入れたものを一生懸命に売る」

ということはとても大事なことだと思いますので

その意味で、バンコクでの5日間は、商売の基本に立ち戻る
大変良い機会をもらった時間でした。


また、EC運営会社の社長さんの間で流行っていたカードゲームがありました。

ナショナルエコノミー

というゲームです。

話を聞いていると、ゲームをプレイするとそのプレイヤーの
経営スタイルが素直に表れるみたいで、盛り上がるようです。


私も早速購入しましたので、周囲の経営者仲間や投資家仲間と
ぜひ一緒にプレイしてみたいものです。

その時には、またプレイ記など報告しておきます。

3月30日(土)に弊社としては初めての自社開催セミナー

【第1回】プライベート・バンカーセミナー

を開催させていただきました。

ご参加いただきました皆様は有難うございました。


参加されなかった読者の方々も多いと思いますので、小屋が報告レポートを
お送りいたします。



第1部 プライベートバンカー杉山智一氏

ベストセラーノンフィクション「プライベート・バンカー」

の主人公でもある杉山氏にシンガポールや香港で展開する

「プライベートバンク」

の活動内容について説明がありました。

セミナー写真1.jpg


日本は、銀行、証券、保険業がすべて縦割りであるという金融行政の下

外資系の金融機関が参入しても、日本においては日本の金融行政の中でサービスを
展開せざるを得ません。


それゆえに、国内の金融機関との特段の差別化もできずに、うまくいくケースも

あまり見かけません。


海外での金融機関が、なぜ日本の金融機関と比較して優位性があるのかという理由はこの金融行政にあります。


海外では「ユニバーサルバンク」といって、この銀行、証券、保険のサービスが
一つの金融機関で一体的に取り扱えることが日本の金融機関に比べて優位性そのものになります。


つまり日本人が「プライベートバンク」にアクセスを求めるのも
日本の金融行政が厳しいからに他なりません。


そして、杉山さんからは現在の日本人富裕層がよく利用する金融商品スキームの解説がありました。


それは杉山さんご本人の著作にも具体的に書かれていますので、興味のある方は
下記書籍を購読ください。
プライベートバンカー 驚異の資産運用砲 (講談社現代新書)


ポイントとしては、海外プライベートバンクでは、株式やファンドの時価評価に対して

担保設定と融資が可能だという事です。


日本の場合、信用取引の担保に株式が利用できるという事はありますが
原則有価証券を担保に金融機関から借り入れを起こすことは、
上場企業のオーナーの自社株ぐらいでしか見ることがありません。


しかし、海外金融機関では個人向けでも株式やファンドを融資担保の評価にしていることで、借り入れというレバレッジをかけての資産運用が可能になるというのが、日本の金融機関ではなかなか考えられないスキームです。


特に円借り入れの金利は低いので、円で借りて資産運用をするということで
レバレッジを効かせて利回りを上げる運用が可能になります。


また、保険商品も海外の保険会社の商品は日本と比較してローコストです。

基本的に生命保険会社は、顧客から預かった保険料を自社で運用しているわけですが、その運用している対象が


日本の生命保険は日本での債券運用が中心

海外の生命保険では海外の債券、株式運用が中心


なので、期待できる収益率の差が、加入者の保険コストに跳ね返って差が付きやすいとのことです。


したがって、同じ保険料負担であっても、死亡保障のプレミアムには日本と海外では大きく差が付きます。

富裕層が多額の保険金に加入しようと思えばなおさらです。


一方で、日本の個人は海外の生命保険に加入できないという、日本特有の事情もあります。


そこでその法律に対して合法的に回避する海外法人を利用したスキームなどの

解説がありました。


プライベートバンカーとも言えども、法令違反や税務リスクを顧客に負わせるようなことは決してできません。


あくまでも日本の国内法で合法な範囲内のスキームやサービスの提供になるのは

当たり前の話です。


このあたりの点を具体的に検討したければ、弊社を通じて杉山さん個人に設計してもらうのが良いのだと思います。




【第2部】株式会社マネーライフプランニングの紹介

第2部では小屋から、最近のマネーライフプランニング社の取り組みなどについてご説明させていただきました。



セミナー写真3.jpg


昨年から投資助言業のライセンスを取得し、より一層、顧客第一という視点で

活動をしています。


海外のプライベートバンクと同様に、顧客の預かり資産に応じて、アドバイス料
をいただくという料金形態で、これは顧客と事業者がwin-winの関係になるように設計しています。


また、金融資産だけではなく不動産についてのアドバイスを行うのも
弊社の特徴になっています。


もしも、プランニングや相談にご関心があれば、下記のwebでの申し込みフォームからご相談ください。


今後は定例でこうした皆様の役に立つセミナーを開催していこうと考えておりますので、どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

この土曜日に品川駅の本屋で本を見ていたら、経済評論家中原圭介の新刊

「日本の国難 2020年からの賃金・雇用・企業」

が目に留まりました。


本屋で新書を買っても良かったのですが、電車で移動中でもありましたので
早速Kindleでダウンロードをして、移動しながら読みました。

(こういうところでも私の消費行動はしっかりAmazonにやられちゃってます。)


著者の中原圭介さん自身は、私も評価している経済評論家の一人で
著書の内容を見ていても、基本的にはデータや事実に基づいてオーソドックスな
理論や趣旨の展開をされるので、安心して読むことができます。


今回の書籍でも

・世界経済が「超金融緩和」の中で債務過剰で、資産バブル気味

・日本経済の最大の困難は、少子化に起因する
 (この問題はもう30年近く前から分かっていた話)

・現在のネットやAIによるイノベーションは、劇的に労働雇用を減らす可能性がある
 失業者の増加につながる恐れがある

・電気自動車の普及は、日本の自動車産業に深刻なダメージを与える危険性がある

・賃金はなかなか増加しない中で、物価の上昇は「実質賃金」を押し下げる可能性がある

・現段階での改善案としては、企業の本社機能を地方に分散化することで、地方経済の再生と 企業社員の出生率の回復を目指す


という主張が、客観的なデータを用いながら、推察されています。



20180707.jpg


私もほとんど同意するのですが、雇用に関しては、
中長期的に雇用が奪われる分は、別の職業や仕事が穴埋めするので、
あまり問題ないのではないかと思うところもあります。


基本的に、イノベーションで奪われる仕事は製造業でも、サービス業「作業系」の仕事
ですので、如何に「作業」をしないかという点で仕事について考えていくことが
自分自身の雇用を守る手段なのだと私は考えています。

過去にご紹介したことがあると思いますが、私の主宰する投資クラブでは

平安レイサービス(2344)を長いこと所有していました。

https://mlplanning.co.jp/blog/2011/01/post-32.html

2011年に購入したのでおよそ7年は保有していたと思いますが、今月この銘柄を売却しました。

20180427.jpg


その経緯としては、先日葬儀屋さんを経営する経営者と1時間ほど話をしていたのですが、
その葬儀屋さんの言うところ

「昨年は、ここ10年間で最高に忙しかった(件数が多かった)。
しかし、売り上げは10年間で最低だった(葬儀単価が激減した)。」との事でした。

つまり、死亡者は過去最高に近い数字を記録しながら、1件当たりの葬儀費用が減少しているために忙しいけれども、ちっとも儲からない状況に陥っているという話です。

昔は葬儀と言えば、数十人規模で開催されるのが多く、親族やお付き合いのある方々が集まる場所でしたが、現在では、半分ぐらいが直送(葬儀を開かず、そのまま火葬場に送る)を選択するそうです。

葬儀社の一番利益率の高い部分は、祭壇を作成するところで、直送されてしまうと利益率が激減してしまう構造だと聞きました。

その結果、今後10年もすれば、多くの葬儀社は経営破綻する恐れがあるだろうというのが、その経営者の意見でした。
経営者本人も事業内容そのものを見直しに入っていました。

投資クラブで平安レイサービスを長期で保有していた理由も

・死亡者は今後も増加する(件数が増える)
・株価が安く放置されていた
・配当利回りも良い

という3つの理由でしたが、先程話を聞いた葬儀社同様に、収益率の低下がみられるのであれば保有を再検討する必要があるだろうと考えておりました。


そこで、先週投資クラブ開催の際に、平安レイサービスの決算内容を確認してみたところ先程の葬儀社の社長が言っていた話と同じ


・葬儀件数は増えている
・単価が減っており、全体の売上は落ちている

ことが確認できました。


この先の平安レイサービスのシナリオとして考えられるのは

1)中小零細葬儀事業者がつぶれて、大手の寡占化が進み、利益率が改善する

2)中小零細企業と同じ収益構造なので、成長が鈍化する、あるいは減少する

の2パターンが考えられますが、投資クラブでは2)の可能性が高いと判断し一度株式を売却する判断をしました。

保有している間に、収益としては十分あげられたので、これはこれで十分な結果を得たと思っています。


今後も、1)のパターンで回復するのか、2)のパターンで落ち込んでいくのかは定期的に確認していきたいと思っています。

コーチングの効用について

| コメント(0)

今年に入って、一つ「ビジネスコーチング」というのを受けることにしました。

だいたい2週間に1度1時間をコーチングに費やしています。

dbb7cb486cae9c155fd3f25ce77cb41f_s.jpg



受けようと思った理由は、昨年弊社でも中期の事業計画を策定しまして、
その計画の目標を達成するためにはコーチを付けるのが有効ではないかと考えたからです。

もちろん、自分たちの仕事がクライアントの人生のコーチですので
コーチを受ける効果を実感してみるという目的もあります。


年初からなので、まだ実感のわかないところもあるとは思いますが
3か月を振り返って、読者の皆さんにもお伝えできるところがあるかと思いましたので
フィードバックいたします。


(1)ビジョンや目標設定がはっきりしているか、していないか良くわかる

コーチングの中で、自分の達成したいと考えている夢や目標
また、それに対するアプローチなどが明確になってきます。


私の場合には、ビジネス面での夢や目標やアプローチなどは、さすがに事業計画を策定したばかりなので具体的にくっきりとしたヴィジョンが見えるようになっています。


一方で、家族との関係性や子育てなどのプライベートな面では、ビジネス面ほどしっかりとした夢や目標ヴィジョンというものが見えてこないこともわかりました。


つまり、ビジネス同様にしっかりとした計画をプライベート面でも描いていく必要性が
あるのだという事をコーチングを通じて認識しました。


(2)コミニュケーションの在り方を考える

コーチングでは、周囲の人とのかかわり方やコミニュケーションの在り方について
話をする機会が多くあります。


また、たまたまコーチングに先立ち

ストレングスファインダー(自身の弱み強みがわかる)
http://heart-lab.jp/strengthsfinder/

ウェルスダイナミクス(自分の特性や戦略がわかる)
http://jwda.org/

という自己分析や、他人の分析にかかわる作業を受けていたところなので
自分や他人とのコミニュケーションの在り方について、多くの示唆を得ることができています。


これは、会社を含めた組織の中で、個人個人の特性を理解して、コミニュケーションの在り方や強みを生かす経営をするのに、コーチングは非常に有効であると感じました。

逆を返せば、これまでの社会人生活の中で、ここまで深くコミニュケーションや個人の特性に目を向けていなかったという反省でもあります。


以前、私がダイエットをするのに、パーソナルトレーナーを付けた話をご紹介しました
(もちろん今でもパーソナルトレーナを付けて続けています)

https://mlplanning.co.jp/blog/2016/08/post-473.html


同様に、仕事の面でも安定したパフォーマンスを出して、結果を出すことにこだわるのであればビジネスコーチを付けても良いのかもしれません。


そしてもちろん、資産運用で上手くやりたかったら、アドバイザーを付けた方が良いのは全く同じ話です。

今度、知り合いの伝手で某生命保険会社のセールスマン向けに

お話をする機会をいただいたので、その話の内容を考えています。


私のお付き合いのある方々を見ている限りでは、優秀な保険のセールスマンは

「お客様(契約者)の役に立つことに焦点を当てている」

という特徴があると思います。

20180325_salesman.jpg


本来、保険加入に当たっての、リスク量算出や、合理的な保険商品については
しっかりとした算出ロジックがありますし、それを基に計算をして加入することが
お客様(契約者)にとって、一番良い話であることには疑う余地がありません。


私は、お客様の資産コンサルタントなので、コンサルタントの立場から言えば

「保険はリスクヘッジコストなので、リスク量を計算して、最小に抑えるのが合理的である」

と考えますが、保険のセールスマンは、それではあまり商売になりません。


そこで、優秀な保険のセールスマンは

「保険はコストであるが、自分が(保険商品以外で)それ以上の付加価値を与えられる存在である」

という事に焦点を当てています。

もっとわかりやすく言えば

「自分と付き合えば、保険料以上にメリットがある存在である」

という認識をお客様(契約者)に持ってもらうことに成功している人々です。

特に日本において、資産家層を扱うウェルスマネジメントの世界では
日本ではセールスマンは多いですが、資産コンサルタントは少ないので
まだまだ顧客の話をしっかりと聞いて、課題の整理や提案をできるプレーヤーが
少ないので、資産家はしっかりと話を聞いて提案してくれることに対するニーズがあります。

(資産の事を一番相談している税理士にもそうした能力のある人は少ないのが現状です)

保険のセールスマンは、もともと、死亡や病気など潜在的なリスクについて
顧客と話をする職業なので、顧客の情報をヒアリングする能力に関しては
銀行や証券会社などのセールスマンよりも突出して高い能力があります。


こうした、高いヒアリング能力を活かして、顧客に保険のセールスをする前に
顧客の課題解消のために、しっかりと課題解決につながる専門家を紹介したり
ご自身で解決する手段を持つことで、優秀なセールスマンの特徴である

「保険はコストであるが、自分が(保険商品以外で)それ以上の付加価値を与えられる存在である」

という状態を作り出せるのだと思います。


こんな内容をお伝えしようと考えてます。


皆さんがお付き合いされている、保険のセールスマンは

「その人と付き合えば、保険料以上にメリットがある存在である」

でしょうか?

ゆっくりと考えてみてください。

若手FPの勉強会を開催します

| コメント(0)

2月から全4回にわたって、弊社で若手FPの勉強会を開催します。

興味ある人はどうぞご参加ください。事務所的には定員6~7名までと考えてます。

2月14日(水)第1回 独立系FPの現状と金融業界の現状と未来

2月28日(水)第2回 個人金融コンサルティングの手法(情報収集~提案まで)

3月14日(水)第3回 ケースワーク&課題についての説明

3月28日(水)第4回
【第四回】課題発表&振り返り



『顧客に感謝されながら相談料を受け取れるFPコンサル手法とは』

【この勉強会はこんな人にオススメです】 ・FPとして実際に安定的に収益を上げているビジネスモデルを知りたい方 ・「お客さまのために」と金融機関で働いているが、仕事内容に疑問を感じている方 ・自分が良いと思えない商品を営業するのが苦手な方 ・とにかく人の役に立つことが好きな方 ・い...

Thumb 18e2419e 5993 48b6 8ed8 dd8aff308613

梶原 真由美

日程詳細へ

043386.jpg

前回のBLOGで、ここ最近4か月ほどかけて、中小企業家同友会の

「経営指針成文化セミナー」

というセミナーに参加しながら、自社の「経営指針」「中期事業計画」について、整理検討をしていましたことを報告しました。

最近は、その完成した「中期事業計画」を周囲の人に説明して回るといった作業を繰り返しています。

その中で「夢」や「目標」を繰り返し語ることのメリットを強く感じてきました。
特に下記の3点の変化を感じました。


①自分の中で「夢」や「目標」が定着する

自分で考えて「夢」や「目標」を決めたとしても、決めた当初は自分でも半信半疑な状態です。

それを他の人に、何度も何度も説明することで、自分の中で消化して本当に納得できる「夢」や「目標」に変化していきます。

場合によってはそれが確固たる「信念」に昇華するかもしれません。

自分が心から納得できていないと実際には行動に取り組めないと思いますのでこの作業は「目標」を達成するのに重要なのではないかと感じます。


②自信がつく

自分でも半信半疑であった「夢」や「目標」ですが、他人に話をして
その他人から肯定的な反応をもらうことで、自分の中でも

「実現できる」

という自信が湧いていました。

「信念」と「自信」を持って物事に取り組めば、それは「信念」も「自信」もない目標よりも達成しやすいと思いませんか?


③応援してくれる人が増える

ちゃんと社会的に意義があり、またワクワクするような「夢」や「目標」を語ればそれを聞いた人は、②にもあるように大抵肯定的な反応をしてくれますし、その中には、自分の「夢」や「目標」の達成に対して、「賛同」を示してくれたり「協力」を申し出てくれたりする人もいます。

こうして、周囲の人々の「協力」をもらうことができれば。「目標」の達成にはますます近道になる気がします。


ここでは、会社の「中期経営計画」を基に、最近の体験を通じて感じたことを書いてみましたが、個人のライフプランや夢や目標であっても全く同じことです。

ワタミの社長であった渡邉美樹さんは、個人の目標を

仕事・家庭・健康・趣味・教養・財産

の6本の柱をそれぞれ考えると良いと言っています。

個人の方は、上記の6つの目標を立ててみて「仕事」「健康」「趣味」「教養」などの目標については、周囲の多くの人に

目標を共有していくことで、実現可能性が高まるのではないかと考えます。

家計コンサルティングの正しい手順

| コメント(0)

先日、お客様の相談をお伺いしながら、果たして、自分がどのような方法(手順)でお客様の家計を改善させようとしているのか?

をもう一度改めて考えてみました。



8320.png


①バランスシート、損益計算書を作成する

まずは、お客様のバランスシート(貸借対照表)の作成と損益計算書の作成に必要な情報を収集して整理します。

バランシートとは、資産と負債なので

【資産】
金融資産
不動産
保険
その他資産

【負債】
住宅ローン
その他負債

等を整理します。

損益計算書は、その年度の収支なので

【収入】
給与所得
事業所得
不動産所得
その他収入

【支出】
生活費
住宅関連費
その他支払い
教育費など
税金、社会保険料

を整理します。

②バランシート、損益計算書の大きな数字に着目する

何か物事を変えようとしたときに、どこを変化させると全体でのインパクトが大きいのかを考えます。

家計の改善の場合、バランスシート、損益計算書の中で数字が大きいところということになります。

バランスシートの場合には

主に
金融資産
不動産
住宅ローン

あたりになる事が多いです。

損益計算書の場合には
給与所得
生活費
教育費
保険支出

あたりになります。

③自分で変えられる要素か?

その後、その項目が

・自分で決めれば変えられる変数か?

・自分だけでは変えられない数字か?

を考えます。

・自分で決めれば変えられる変数には

金融資産(利回り)、不動産(利用方法)、住宅ローン(金利)

生活費、教育費、保険支出

・自分だけでは変えられない数字は

給与所得

住宅ローン(元本部分)

税金、社会保険料

などになります。

これに、その人個人が持つ固有の制約が入ります。(絶対に○○はしたくない!など)

④簡単に変えられるか?

最後に、簡単に変えられる数字かどうかを検討します。

保険の解約や住宅ローン金利の見直しなどは、一度窓口に行けばできる比較的簡単な作業です。

一方で、生活費を削減したり、給与所得を向上させるなどは地味な取り組みが不可欠で、すぐに効果が出るものではありません。

【結論】
結論として、家計を改善させるためには

①バランスシート、損益計算上で大きな数字をもち、今すぐに自分で簡単に変えられるもの

から手を付け

②その他、インパクトは小さいけれども、今すぐに自分で変えられるもの

③バランスシート、損益計算上で大きな数字をもち、今すぐには自分で変えられないが中長期的に取り組む必要があるもの

の順番で手を付けて行くことをアドバイスします。

私の場合には、個人の家計に関するコンサルティングが中心ですので、このような内容になりますが、概ね、企業のコンサルティングであっても同じような思考プロセスを踏んでいるのではないかと思います。

ホームへ戻る

小屋洋一Blog

株式会社マネーライフプランニング 代表取締役 小屋洋一

株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋洋一

RSS